たかが車ですが、手放すときに悲しいという気持ちが抱くことはありますか?

 

私は生活に車が必要な地域の者ですが、明日車を売ることになりました。

 

でも、急になんだか悲しい気分になってきて、今まであったことを色々思い出してしまいます。

 

車を売って悲しいというのは多くの方もあることなのですか?

車とのお別れは結構悲しいという人が多い

当サイトではあまりこういった話題を扱わないのですが、たまには良いだろうということで取り上げてみました。

 

車といっても結構長い時間使うツールは愛着を持つもの。

 

さすがに車に名前をつけているほどの人なら当然でしょうけれども、生活のために使っているだけという方も結構こういう感情を抱くことも多いのです。

 

愛着があったり、生活する時間が長いなら誰でもあることだと思いますよ。

 

私も昔に似たようなことがあったので軽く紹介させていただきます。

 

日記のようになってしまって申し訳ないです。

原付ホンダdio(90年代前半2ストローク)

正直、私が乗り物を手放すときに悲しいと思ったのはこのバイクだけです。

 

このバイクは最後、千葉県松戸市の工場地帯(山崎パンの工場と倉庫)と線路をまたぐ陸橋の上でエンジンが焼きつきました。

 

最終的にエンジンを載せ換えるほどのものでもないので、処分することになったのですが、外装を外したバイクはずいぶんとひ弱に見えて、なんとも悲しい気分になりました。

 

人間に例えるのもどうかと思いますが、葬式で骨を骨壷に入れるような、そんな感情でしょうかね。

 

その後は、バイクを何台も壊していますが、このときほどの感情はありません。

感慨深いのは一番最初だけ&お金・新車がきたら気にならない

本当はもっと長々と愛車遍歴みたいな、ほとんど日記を書いていたのですが、さすがにこのサイトに公開するのをためらったので、自分のブログで書くことにしました。

 

車を手放して悲しいことや寂しいというのは、普通のことであり特に最初の乗り物であれば少なからず誰でもそうだと思います。

 

でも、人間って結構いい加減というかうまく出来ているというか・・・

 

車を高い金額で売れていざ入金されたりすると、もうすっかりそんな悲しい気分なんて忘れてしまうのですよね(笑)。

 

また新しい車がきたら、もう前の車のことなんて全部忘れるというわけではないですが、悲しいことや寂しいことなんてすっかり感じなくなります。

 

ここらへんは、異性関係と似ているものがあります。

 

多分ここまでぐだぐだな記事はこのサイトでこれだけでしょう。

 

まとめると、車を売って悲しいことや寂しいことは誰にでもあります。

 

その瞬間は大いに悲しんでもらって結構ですが、後に引かないのでご安心を。

 

もちろん、高く車を売ったり新しい車を買ったとき限定ですよ。

 

ですから、別れも重要ですが後も重要です。

 

ここも異性関係と同じで、悲しんでいる暇があるなら次を探す!

 

車では次を探す予定がないときは・・・どうしましょうか^^;

 

多分、時が解決しますよ!うん、きっとそうだ!

 

人間、うまく出来ていますから!

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】