車買取契約をしたあとにあなたから一方的なキャンセルをした場合には違約金が請求されます。

 

普段、消費者は優位な立場であることが多いですが、こと車買取についてはそれとは異なるようです。

 

ここで私は契約ということについては注意して行わないといけないことをお伝えさせていただきます。

訪問型の車買取サービスにはクーリングオフが適用されない

クーリングオフとは契約から一定期間内ならば無条件で契約解除をすることが出来るものです。

 

訪問型の車買取サービスにはこのクーリングオフが適用されません。

 

つまり、どういうことかといえば、あなたから一方的に契約を解除する場合には違約金を払う必要があるということ。

 

そして驚くことに車買取契約の書類にはその旨の記載が書いてあります!

 

普段、細かい字で書いてある契約書を見ないという方は多いでしょう。

 

実際に見なくても消費者保護がされている場合ではそれほど問題にならないこともほとんどです。

 

ただし、車買取においてはあの読まないで欲しいといわんばかりに細かい字で読みづらく書いている契約書にはキャンセル料についても記載されているのです。

なぜキャンセル料が高額なのか?

これは2つの、全体的に見ると正当な理由からそうでない理由があります。

 

まず正当な理由とは、車買取業者の利益を保護するためです。

 

いつでも契約解除が出来るとしたら、車買取業者のビジネスが成り立ちません。

 

というのもあなたから買い取った車はすぐに業者オークションに転売して、差益を儲けるというのが車買取業者のビジネスモデルです。

 

これについて、契約解除について制限や違約金の規定が無いとしたらどうなるかというと、車はすぐ売って換金できませんし、売ってしまった後はどのようにあなたの車を補償すればよいのでしょうか?

 

つまりビジネス保全のために規定されている、それゆえキャンセル料が高額となるわけです。

 

次に、キャンセル料でも儲けられるように考えているケースです。

 

ちょっと酷いと思われるかもしれませんが聞いてください。

 

車買取業者としては安く車を仕入れたいわけです。

 

そのため、我さきにと他の業者より先にあなたのもとへいき、さっさと契約をとるわけですね。

 

その理由は他の業者と比較されると車を安く買うのは絶望的です。

 

ただし、あなたのもとへ別の業者がきて先ほどきた業者よりも多くの場合には高い査定額をつけます。

 

このときに先ほど契約した安い査定額をつけた業者との契約を破棄して高い車買取業者と売却契約を結ばれることは金額的な利点から考えれば当然でしょう。

 

当たり前ですが、せっかく安く仕入れることを確定させたのに簡単に契約を破棄されては困ります。

 

そこで高い違約金を設定して、違約金で儲かるのも良し、安く仕入れた車を転売して儲けるのも良しとするわけです。

 

フットワークの軽さと契約を結ぶ交渉力で儲けるという業者のテクニックがそこには存在します。

 

実際はこのように2つだけの理由ではないのですが、大きな理由としては業者のビジネスを守るためと、安く買う業者の利益捻出方法に利用されていたりします。

大手車買取業者なら安心なのか?

先に結論を申し上げると消費者生活センターの苦情やヤフー知恵袋などを調査すると大手車買取業者ほどこのような違約金がらみのクレームがあります。

 

これについては取引量が大きいことも起因するでしょうし、全ての担当者がそうではないとは思いますが、大手だからといって安心してはいけません。

 

読みづらい契約書の細かい文字を読めば確実に、契約解除のことについてどこの業者も記載されているはずです。

 

正当な理由、つまりは車買取業者の利益を守るためだけに違約金を請求した場合においても消費者は文句のはけ口に書き込みをしているケースはあります。

 

しかしながら、大手だから安心というのは絶対にやめてください。

安易な契約はNG!契約の重さを知って慎重に売却先を決めること

多くの方が契約書の細かい文字を読む機会があるケースは携帯電話の契約時であったりとか、ローン契約、消費者金融のカード発行など実は結構機会が多かったりするのですが、一度として読みきっている方はいらっしゃいますか?

 

私は20代中盤までは全く読みませんでした。

 

しかしながら、ある程度年が進んで大変なことをしてしまっていたと気が付きました。

 

幸い、契約書の細かい文字があだになって何か不幸に巻き込まれることは無かったのですが、それすらも幸運であると感じています。

 

契約というのは非常に重いものです。

 

必ずしも契約が有効ではないという状況もありますが、それについて状況を変えるために多大な労力とお金を使って争う必要も有るでしょう。

 

こんな状況に巻き込まれるのは一般の消費者に非常に厳しいものがあります。

 

そのため、「契約」というものについては特に慎重に取り扱って欲しいと思います。

 

さすがに車買取契約において弁護士に法律関連を相談してから決めるというのは大げさですが、車や不動産の取引においては額が小額ではないことが多いので、必ず契約条件について確認してください。

 

車買取については、特に違約金関連などお金に関わるところについてはしつこく確認しましょう。

 

なお、契約書は事前にもらうことが出来ません。

 

これはわかりますよね?

 

あの細かい字には業者有利な条項が多いことが原因だと思います。

 

ただし、これは車買取業者に限らずに、消費者に対して契約を迫る業者ならどこでもそうです。

 

話は若干それましたがまとめますと、車買取契約についてはクーリングオフが適用されないので、あなたからの一方的な契約解除には違約金が発生します。

 

法外な値段であったりすると契約上定められたりしても、無効になるケースもあるようですが、争った末に勝ち取るというのは疲れるので、そういった状況に陥らないように契約は慎重に行ってください。

 

以上、車買取契約時においてお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】