すぐにお金が欲しいときってありますよね。

 

何とかして明日の引き落としまでにお金を用意しなければいけないということや、もっと直接的に欲しいものがあるから今すぐお金が欲しいなんていうときもあるでしょう。

 

こんな要望を叶えるのは、換金し易い資産を売ることなのです。

 

CDやDVD、またはゲームソフトなどを売ることは、買い取りショップなどを利用することですぐにお金に換えることが出来ますが、車についてはどうなのでしょうか?

 

実は車においても即日で現金に出来る方法は2つあります。

 

1つは車自体を処分することで、もう1つは車を担保にお金を借りることです。

 

今回、お話するのは車自体を処分することですが、多くの場合にこの業者を利用することにこだわると損をしてしまうことをあなたはご存知でしょうか?

 

これは車に限らず、CDなどでも同じことだったりしますので、暮らし全般に役立つ知識として確認して欲しいと思います。

即日現金化を依頼すると査定額は低くなる

どうしてその場で買いとって現金換金できる業者の提示する査定額が低くなってしまうかというと、さまざまな説明が出来るのですが、ここでは比較対象がいないことからお話します。

 

今すぐお金が必要な状況下では、選択の余地がたくさんあるにもかかわらず、急いで用意しなければいけないこともあって、特定の業者によって早く換金したいと考えてしまいます。

 

本来であれば高く買う業者を探せばいいのですが、お金がすぐ必要という状況で冷静な判断が難しい状況になっているのです。

 

業者としてはすぐ換金するというニーズと引き換えに、安く買取が出来るということを商売のモデルにしているのです。

 

試しにCDやDVDなど、インターネットオークションで価格を調べてみてください。

 

たいていの場合には買取店が提示している額よりも高いはずです。

 

このように、すぐに換金するというニーズの充足と引き換えに安く買取を行うというのが即日現金サービスの本来の姿となっています。

 

車についても同じで、車オーナーに査定額を比較されることなく、ほとんど言い値で買取できることから、手に出来るお金は査定額を比較した場合よりも少なくなることがほとんどです。

 

とはいえ、本当にお金がすぐに必要ならば仕方がないことですが、即日現金買取を実施していない業者ではどの程度の入金サイクルとなっているのでしょうか?

 

出来れば私としては金銭的得をして欲しいので、それらを知ったうえでそれでもお金が必要というならば仕方ないですが、少しでも待てるならばその期間についても検討して欲しいと考えています。

多くの業者は2営業日後に振込み

代金の支払いは車買取業者によって様々ですが、ほとんどの業者では即日現金引取りということはないようです。

 

ソッキン王などの即日現金引き渡し、つまりは車と引き換えにすぐ売却代金を支払う業者もあれば、1週間先なんていう業者もあるでしょう。

 

たいていは2営業日後に振込みによって車売却代金の支払いが行われます。

 

ですので、車を売る場合にはすぐに換金できる可能性はあっても、多くの場合は難しいということになりますね。

なぜすぐお金を取得することが出来ないのか?

車買取業者の査定士は一日に5件前後、外回りを行いますが常にお金を持って買い取りに臨むとなれば、強盗などの被害にあう可能性があります。

 

ちょっと日本的な言い方ではないかもしれませんが、強盗犯としては武装されている箇所よりそうでない簡単な標的のほうが好ましいのです。

 

その結果、リターンが大きい銀行で強盗をするよりも、孤立した非武装な査定士を標的にしたほうが良いとされたら、査定士の仕事も大変です。

 

このようなことがありますから、お金を持ち歩いていないということを、世間に理解してもらうために常に振込みをしているというわけです。

 

よく車を引き取ってから減額させたり、ある程度売却案件を進めたいから振込みにしているのでは?なんて言われますが、実際にそのような車買取悪徳業者は少数です。

 

これについては、そこまで気にする必要はないでしょう。

業者によっては即日現金を売りにしているところもあるが・・・

即日現金支払いを売りにしているオートスピリッツのソッキン王などがありますので、どうしてもお金がすぐ必要ならこういった業者を選んで売るのがありでしょう。

 

ただし、どうしても業者を限定してしまうとしたら買取金額が安くなってしまうことはご留意ください。

 

というのも、どうせ売ってくれるだろう相手から車を高く買う理由が業者にとってありませんので、基本的には安く買われてしまうというのは覚悟しなければいけません。

 

そのため、車を安く売りたくないと思うのなら早めに行動をして、業者を選んで売ることをオススメします。

すぐお金が欲しいときは早く依頼して業者にお願いしてみる

通常は2営業日後の振込みとなりますから、すぐにお金が欲しいけれども少しは待てるだけの時間があるなら、即日現金にこだわらないほうが良いでしょう。

 

ただし、あまりにも遅くなると困るということもあるでしょうから、車買取店の方には最悪でも相手が提示した期日は過ぎないようにして欲しいと念押ししておいてください。

 

これには2つの意味があります。

 

ひとつは、支払いを早くして欲しいと無理にお願いするのは、怪しい取引相手だと思われる可能性があることです。

 

盗品などであれば早く売り抜けて、逃げたいところではありますが、このような場合を車買取店はとても警戒するでしょう。

 

なので、無理やりお願いすると逆に交渉が長引く可能性があるので注意してください。

 

そのため、相手の主張した期日には必ず振り込むように約束ということになります。

 

二つ目に、車の納車と同じで、車を引き渡してある程度強い立場になった業者は、振込みを後回しにする可能性があります。

 

これは全く困ったものですが、人間の習性としてこういうことは普通にありますので、これを防止するために念押しするということになります。

 

まとめると、車の代金支払いは基本的に振込みによるものですが、安く車を売りたくないという方は即日現金にこだわり過ぎないように気をつけてください。

 

もし、あなたがほんの少し待つことができ、車を出来る限り高く売りたいと考えるならば、ネットでの査定依頼を利用することで手間を省けますので、興味があれば詳細を確認してください。

 

⇒ネットで査定依頼できるサービス詳細【利用無料】

 

以上が車の代金支払いに関することになります。

 

お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】