車を売るときに一番気になるのは当然ですが、車の評価額ですよね?

 

そこには出来るだけ車を高く売って、多くのお金が欲しいということもあります。

 

こんな状況で気になるのは車のマイナス評価です。

 

大きな傷やへこみがあったら売るのに苦労しそうですし、業者によっては買い叩かれるかもしれません。

 

そんなわけで、へこみがあることで売ることをためらう方がいらっしゃるようですが、実はそのまま売っても問題ないことをご存知でしょうか?

へこみなどはどうすることも出来ないので開き直って査定に出してしまう

まず普通の人がへこみなどについてどうにかできるかというとほとんどの場合は難しいでしょう。

 

板金が出来る人というのは、もう普通の人ではないですしね。

 

つまり、普通の人が車を売るとなれば多少傷がついていたりへこみがあってもどうすることも出来ないのです。

 

逆にいうと、車は使っていれば多少へこんだり傷がついたりしますから、どなたでもそれほど状況は変わるものでは無いですよ。

 

綺麗なまま、保存できているのはおそらく車を使っていない人なのではないでしょうか。

 

つまり、車を利用していれば極端な例を除けば多少傷がつくのは当たり前で実はそれほど気にしなくてもよいのです。

へこみがある場所によっても評価額が変わってくる

へこみなどがある場所によって査定減額が変わってきます。

 

例えばバンパーなどについてへこみや傷があるならそれほど気にしなくてOKです。

 

というのもバンパーなどは傷をつけても良いように付いているわけで、そのバンパーの傷について考えていたらきりがありません。

 

高級車のバンパーは確かに高くなるかもしれませんが、ほとんどの車はそんなことはなく傷つけても良いパーツなので気にしなくてOKというわけです。

 

ところで、査定額が下がってしまうのでへこみを修理してから査定に出そうと考えている方がいらっしゃいますが、実はそこまでしなくてもよいことを知っていますか?

 

むしろ多くの場合には損をしてしまうのです。

なぜへこみを直すことで損をしてしまうのか?

査定前に修理をして損をしてしまうので、修理費用の差と査定額で支出を回収するのが困難なためです。

 

まず修理費用の差ですが、あなたと業者では修理費用がかなり変わってきます。

 

あなたが支出する修理費用は一般価格であって業者の利益などが含まれています。

 

一方、車買取業者は自社内に修理工場を持っているケースが多く、ここで掛かる費用は実費だけで利益などを含みません。

 

これらの差があるので、修理をしても利益分の支出を上昇する査定額で回収するのが困難なのです。

 

そのため、このような明らかに損をしてしまうような場合に投資することはしないほうが良いということになるわけですね。

 

多くの場合には損をしてしまいますので、査定前に修理に出す必要は無いということになります。

普通の人に出来ることは無いのでへこみがあっても査定に出す

車を売る前にできれば高く売りたいので、できそうなことや気になることは解消したいと考えますが、そのまま査定に出してしまって大丈夫です。

 

説明したように、修理したりするとあなたは損をしてしまう可能性が非常に高くなるので、「これは査定で酷い減額があるだろう!」と思っても現状のまま査定に出してしまっていいわけです。

 

ここは割り切りで、車買取業者に引き渡したらあとはプロである彼らが流通しやすいようにうまくやるので、あなたは極端に買い叩かれないように気をつければよいということになります。

 

この極端に買い叩かれないというのは非常に重要で、何か欠陥があればそこを追及して安く買おうとしてきますので、その価格が妥当なのかどうかを調べるためにも複数の査定を比較してください。

 

まとめると、へこみなどがあってもそのまま査定に出してよいですが、買い叩かれないように複数社の査定額を比べることが損なく車を売るためには必要なこととなります。

 

もしあなたが車を高く売りたいと考えているならば、ネットで査定を申し込むと手間なく申し込み可能で、しかもお金がかからないので気になる方は詳細を確認してください。

 

⇒ネットで査定依頼できるサービス詳細【利用無料】

 

以上がへこみがある車を売るときのお話になります。

 

お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】