何か目的があって貯金をしていたり、節約をすることになったら車は毎年確実にお金を使うので第一の節約対象になります。

 

でも、愛着があって買った車です。

 

車を手放すと悲しいということであったり、寂しいということは手放してからしばらく皆さん感じることなのですね。

 

ただ、お金も有限ですから節約するとなったら何かを切り詰めないといけません。

 

金額的に判断してそれでも節約しなければいけないとなったら車を手放す出番となります。

車を手放すことで節約できる金額とは

車の維持費は地域によって変わりますけれども、大体年間50万円ぐらいです。

 

この額はあなたの節約計画で大きいでしょうか?

 

内訳をあげると、

 

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 車検代
  • タイヤ代
  • ガソリン代
  • オイル代
  • 駐車場代
  • 整備代
  • 修理代
  • その他消耗物品

 

ひょっとしたら抜けているものもあるかもしれませんが大方このぐらいのものでしょう。

 

例えば家のコンセントを抜き差しして数円の節約をこなしているとしたら車を手放すことの節約計画へ与える影響は計り知れません。

 

確かに車を手放すことは寂しかったり、悲しかったりしますが、節約計画を金額的な側面から判断するほうが賢明でしょう。

レジャー目的の車利用ならレンタカーで問題なし

毎日車を使うならレンタカーのほうが高く付いてしまいます。

 

でもレジャー目的、つまりは週に1回程度の利用ならば、レンタカーで問題ありません。

 

保険もしっかり入っていますし、何よりいろんな車に乗れて楽しい^^;

 

節約したいのなら固定で掛かる費用よりも必要なときにかかる変動的な費用のほうが都合が良いのです。

車検の残り部分は戻ってくるが手続きが必要

「車を手放すといっても車検を払ってしまった!」なんていうときでも問題ありません。

 

車検は、自動車重量税と自賠責保険料がほとんどを占めますが、これは返還されます。

 

ただし、廃車をしたならば手続きが必要で、しかもタイミングを誤ると返してくれません!

 

手続きのタイミングは廃車したことで登録を抹消するときに行う必要がありますので気をつけてください。

自動車税は手続き不要で還付される

自動車重量税と自賠責保険料に関しては手続きが必要でしたが、自動車税に関しては自動で手続きがされますので安心してください。

 

ただし、自動車税の還付にはかなり時間がかかります。

 

感覚としては、忘れた頃に入金しているといった具合です。

 

なお、自動車税も自賠責保険も自動車重量税も月割りで未経過分について還付されます。

 

そして任意の自動車保険についても同様ですが、こちらは場合によって率計算を行った額について還付されるという場合があります。

 

そして、要手続きです。

廃車の手続きは意外に面倒なので買取依頼したほうが良い

実は本当にどうしようもない、例えばエンジンが壊れているようなケースではない限り、廃車依頼よりも買取依頼したほうがお得です。

 

というのも、例えば買取であれば買取額の中に自動車税の還付などが含まれるのですぐお金がもらえますし、なにより手続きしなくてよいのが嬉しいところ。

 

もちろん、どうしても廃車したいというならそれもよいでしょう。

 

しかしながらお金や手間の面で楽をしたいというのなら買取依頼をオススメします。

 

東南アジアなどでは日本車はパーツ単位で需要がありますので、思わぬ買取金額になることも当然あります。

 

無料で試せるので、廃車前に試してみることをオススメします。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】