車を保有すると維持費が掛かるので、貯金などを考えている場合には真っ先になんとかしたい項目です。

 

特に結婚をすることを決意して、お金が程ほどにある方はよいですが、全くお金や貯金が無いという方は要注意!

 

いざ結婚式を挙げるとなっても、少ししかお金が無いと式を挙げるための計画さえままなりません。

 

ですから、結婚を意識してきたら車を整理するという方も少なくないようです。

車を保有すると年間50万円前後掛かる

車の維持費とは数字にすると結構掛かっているもので、年間で50万円ほどかかります。

 

もちろん、地域によっても差がありますよ。

 

都市においては駐車場代が高い、郊外ならば駐車場代が安いという具合です。

 

ただ、いずれにしても税金などは一律にかかりますし、都市では郊外ほど利用しないことでガソリン代などの消耗品についてお金はかかりませんが、郊外では車利用頻度も増えますので消耗品への支出も多くなります。

 

ですので、車が無いと生活できない地域で無ければ車による節約貯金は有効なものとなります。

車を利用する方はレンタカー利用代金も計算に入れておく

車を売ってしまった方は、以前ならばマイカーで行っていた場所もレンタカーを手配することになると思います。

 

このレンタカー、実はそれほど安いものではないですが、放っておいても必ず掛かる費用でないために、車をレジャー利用に使っている方などが有利になります。

 

現在のレンタカー相場は昔と異なり、業者によってかなり差があります。

 

15分100円から使える業者もある反面、高級車についてレンタルするという業者もあります。

 

そのため、一概にこのぐらいだとはいえませんが、一ヶ月に2万円以下(多くの業者では1回か2回分の利用)ならば、レンタカーで十分だと判断します。

車を売ってしまって困ったというのは最初の数ヶ月だけ

私も車を何度か手放して、利用するときはレンタカーという生活の変化を2回していますが、困るのは最初だけです。

 

つまり、マイカーがあれば行っていた場所にいけないというフラストレーションも最初の数ヶ月で消えてしまうというわけです。

 

もちろん、生活に車が無いと厳しい地域ではこの限りではないでしょう。

 

ちなみに、現在私は車を保有しておらず、住居は都市と郊外のちょうど中間地点です。

 

車があったら多少生活の質は向上するでしょうけれども、日常的に利用する必要もなくレジャーのときにレンタカーで十分といった形で数年間生活しています。

 

たまに車があったら良いなと感じるぐらいですね。

車を高く売れたら貯金も出来るので都市に住む方なら検討してもよい

もし、お金が潤沢にあって別に結婚でお金をどうにか考える必要もないという方には必要のない話だったのかもしれません。

 

ただし、結婚を意識してお金をそろそろ貯めないといけないと考えている方には、最もお金を貯めるのが簡単なのが車を一時的に手放してしまうことです。

 

結婚してから買う車というのはまた変わってくることもあるために、現在の車を保有し続ける理由というのはそれほど無かったりします。

 

車が好きでしょうがないという場合や車が無いと生活できないような地域に住んでいるならば話は別でしょう。

 

ただし、そうでないような都市に住んでいて、車はレジャー目的に保有しているなんていうのならば、貯金を意識したときは車の処分について考えてみてはいかがでしょうか?

 

友人に結婚を意識したけれども、お金が無くて結婚式の目処立たずに別れてしまったという人がいますが、このようなケースが起こらないとは限りません。

 

お金はあって困るものではありませんが無いと絶対に困りますので、近い将来結婚を意識していて貯金が厳しいなんていう方は参考にしてください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】