自動車税の納税証明書は紛失してしまうと、法的手続きをすることが難しくなります。

 

例えば車検時にも必要ですし、車を譲渡したときの名義変更手続きにも利用されます。

 

このように、納税証明書を紛失することで車関連の手続きを行うことが出来なくなるわけです。

 

とはいえ、こちらのページを見ている方は紛失してしまってどのように再発行を行うかということについて関心があるでしょうから、こちらではどのように再発行をすれば良いのかについてお話していきます。

納税証明書の再発行に必要なもの・場所

自動車税納税証明書の再発行に必要なものについては次の3点になります。

 

  • 車検証
  • 印鑑
  • 費用(神奈川県の場合では400円)

 

これらを持って地域の陸運支局にいくことで自動車税納税証明書の再発行手続きの依頼します。

軽自動車税納税証明書の場合

軽自動車税の場合には、普通車と異なり管轄が異なります。

 

軽自動車税の納税証明書の再発行手続きは、区市町村役場の納税課で行うことになります。

 

なお、持ち物については普通車同様です。

ディーラーなどで代行してくれる場合もある

現在は、一部の車好き以外は車のメンテナンスについて、業者に委託しているケースがほとんどでしょう。

 

そのような場合においては、ディーラーなどが車検を行うついでに行ってくれる場合があります。

 

もちろん、代行費用がかかったりすることもありますが、自分で行うのは平日に休みが取れなかったり、陸運支局が遠いときにおいて、代行してやってくれるという選択肢があることも知っておいてください。

いずれ必ず再発行しなければいけない

自動車の納税証明書については、車が法的に管理されている資産である以上、いつかは必要になります。

 

つまり、紛失してしまったとして、ずっとそのままに出来ることはほとんどの場合難しいでしょう。

 

そのため、自動車税や軽自動車税の納税証明書は、できる限り早い段階で再発行をしておくことが、いざ車を処分したり譲渡したり、または車検のときにあわてずに済みます。

 

あわせて、納税証明書をただの領収書ぐらいに考えるのではなく、しっかりと保管しなければいけないものであることを、覚えておくようにしましょう。

 

多くの方は、車助手席前のグローブボックス(ポケットのようなものがありますよね?)に、車検証とともに入れておくようにしていると思いますので、忘れずに入れて置くようにしましょう。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】