車の小さな傷を補修するならば、タッチペンというのはかなりの市民権を得てきました。

 

DIYでいろいろやってしまう方なら、タッチペンを使ったこともあるのではないでしょうか。

 

このタッチペンは手軽に補修できることを売りにしていますが、実はちゃんと補修することが結構困難なことにあなたは気づいていますか?

 

タッチペンを利用したキズについてみて欲しいのですが、あまり仕上げ状態は良いものではありませんよね。

 

もちろん、仕上げにこだわっている方はその限りではないですが、今回はあまり修復について知識が無い方に向けて、どうやったら手軽・簡単に補修できるか、少しクオリティーにこだわりたい方に向けてお話していきます。

 

まずは、どうして補修が悪い状態になってしまうのかを見ていきたいと思います。

ただ塗るだけでは汚いし補修もちも悪い

タッチペンは本名「タッチアップペン」といってこのネーミングから考えると開発者はかなり補修について情熱があるのだと思います。

 

では何がいけないのかといえばマーケティング上の問題でしょう。

 

これはあまり言わないほうがいいかもしれませんが、商品は売れなければ意味がありませんので、誰でも手軽簡単に補修できるということが売りになっていますね。

 

ただ、クオリティーについては触れていませんが、実際ちゃんとやると補修はしっかりすることが出来ます。

 

タイトルにもあるようにただ塗るだけではダメです。

 

それではただキズも部分に塗料を盛るだけになってしまいます。

 

ほとんどの方はこの状態で補修したと思っているかもしれませんが、この盛り上がっているのは削らないといけないのです。

 

しっかりと削って仕上げることで補修後を目立たないようにすることができ、タッチペン本来の性能を発揮することが出来るようになるわけです。

 

つまり、マーケティング的な問題で終わらせないならば、しっかりとした補修が出来るポテンシャルを持っているということになります。

タッチペン補修に必要なものは意外の多い

次にタッチペン補修に必要なものですが、当然タッチペンだけではダメなのはここまで見てきた方もお気づきでしょう。

 

  • 時間1週間
  • マスキングテープ
  • 脱脂スプレー
  • クロス
  • 小さい筆
  • 紙やすり#800・#1000・#1500
  • コンパウンド
  • ワックス

 

簡単お手軽じゃないですよね^^;

 

ただ考えようによってはお手軽ツールで本格的な補修が出来るということになります。

タッチペンをしっかり使う方法と手順

次にタッチペンを使った素人でも良い補修が出来る手順についてお話していきます。

 

まず、車の傷を綺麗にして「脱脂」してください。

 

なぜ脱脂する必要があるかというと、車のキズを補修するときのパテ的な役割をするタッチペン顔料をしっかりと定着させるためです。

 

これをせずにキズの補修を行うとせっかく綺麗に補修しても補修がはがれてしまったりしてしまうので、大切の作業になります。

 

次にタッチペンをぬって補修作業を実質的に行っていくわけですが、ここでも注意点があります。

 

まず、マスキングテープを使ってキズ以外のところにタッチペンが付かないように覆ってください。

 

タッチペンで補修するのはキズがあるところだけにとどめる必要があるからです。

 

次にタッチペンのペン先か少し太いのと、先ほどお話した誰でも手軽に仕上げられることからかわかりませんが、あまり補修に向いていないペン先がついているので注意が必要です。

 

ペン先を使うにしても少しずつ縫っていくような形で、仕上げにはペンでならすような方法を取るべきでしょう。

 

車のキズにたいしてパテを盛るような形でタッチペンを塗っていくようにしてください。

 

ここからタッチペン顔料が乾くのを待つので、1週間ほどの期間が必要になります。

 

ちなみに多くの方はここで作業完了だと思ってしまうわけですが、このままだととても汚い状態で、まさに車のキズにたいしてペンを走らせただけ、パテを盛っただけという状態です。

 

1週間経ったら、タッチペン顔料が乾くので、ここから削りの作業になります。

 

無駄に盛ったタッチペン顔料をヤスリで落とす作業になります。

 

なお、紙やすりは番号が小さいもののほうが目が細かく、番号が小さい順に使って仕上げていきます。

 

そして、注意して欲しいのが特に目が粗い小さい番号のヤスリのときには他の部分を削らないようにすることを注意してください。

 

慎重な人はまたマスキングテープを使って保護しながらの作業が望ましいでしょう。

 

紙ヤスリで仕上げていって、最終的にはコンパウンドで仕上げを行ってワックスがけしたら終了となります。

 

以上が、タッチペンを使ったときにちゃんと補修をするときの手順になります。

 

結構大変ですよね^^;

 

これを説明書に書いたらあんなにタッチペンは売れてなかったと思います。

しっかり補修することで素人補修以上の結果が出せる

タッチペンは手軽に補修することが出来るのは事実として、その質については補修を行う人によってかなり変わってきます。

 

多くの方はキズにただ顔料を盛るところで終わってしまって、仕上げが出来ていない状態なのです。

 

ですから、しっかりと仕上げをしてあげることで、素人でも質の高い補修が可能になります。

 

途中でも申し上げましたが、ここまで補修できるのに安価で売られていることを考えるとタッチペンのポテンシャルは非常に高いといえるでしょう。

 

もし、補修途中のキズがあるならば、今からでも遅くはないので仕上げだけやってみるのも悪くないです。

 

ただ、当然脱脂していないと思うのではがれてしまったら仕方なしと考えるようにしてくださいね。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】