近年、カー用品店にいくとワックスの隣にコーティング剤が並んでいることが多く、どうなのか気になっている人も多いはず。

 

というのも、コーティングというと昔は職人技というイメージで、素人向けのものを素人が使っても効果はそれほどでもありませんでした。

 

しかしながら、最近はどうも売り場の陳列も増えてきたこともあって、使ってみようか?なんて思っている人も少なくないのではないでしょうか。

 

今回こちらでは、ワックスとコーティングについての違いをみていきたいと思います。

昔のイメージは取り払ったほうがいい

過去においては、素人のDIYではワックスでカーケアをする、プロに頼むのはコーティングというイメージでしたね。

 

使用感についても、コーティングのキラキラする光沢が嫌ということもありました。

 

今はこれら2つの要点がかなり緩和されてきました。

 

つまり、コーティングを素人が行うことについて、作業が簡素化していることとキラキラする光沢もそれほど気になるほどでなくなってきたということです。

 

これらを踏まえて、ワックスとコーティングの利点を見ていきます。

 

なお、欠点はどうか?ということになりますが、上記2つの点が改善されてきたわけで、それほど両者を分ける欠点がなくなったのでここでは利点について述べています。

ワックスの利点

ワックスはコーティングよりもツヤで有利となります。

 

やはり、何度も塗るこめることもあってツヤに深みが出るのでしょう。

 

特に固形ワックスを利用した重ね塗りではワックスのほうがツヤに深みが出ます。

 

ですから、丁寧にDIYしたいという方はワックスを選択すべきです。

コーティングの利点

コーティングは耐久性に優れていて、汚れに強く、さらに水キレが早いという点があげられます。

 

最終的にはワックスも水をしっかりと切れるのですが、水キレのスピードが両者では違いが見られます。

 

これは一様にコーティングしているということやワックスには細かく見ると凹凸が多く存在することが理由なのかもしれません。

水キレかツヤの深みかで使い分ける

ここまで説明してきたように両者の違いはそれほど大きくなくなりました。

 

特に昔であれば、キラキラした光沢も塗装の色が白でもクリーム色が混じったような色が多かったこともあって相性が悪かったですが、近年は透き通った塗装が多いのでコーティングとの相性も抜群です。

 

そのため、環境の変化とコーティング剤の進化によって、車オーナーによって好きなほうを選ぶことが可能になりました。

 

ただ、コーティングは素人でも作業できるような製品が増えたといっても本格的にやるとしたら職人技になりますので、高い次元での質を気にするならプロに任せるようにしましょう。

 

私が簡単にどんな人にオススメかとわけてしまえば、車の塗装の色によっても変わってきますが、車の洗車が好きな人はワックスを、めんどくさがりな人はコーティングということにします。

 

私はもちろん、車は好きですが洗車機に突っ込んでしまうタイプなのでコーティングを選択しますよ^^;

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】