駐車禁止を取り締まるときにはタイヤにチョークを書かれることがありますがこのチョークなかなか落ちませんよね。

 

学校の黒板ならこれほど苦労しないわけですが、タイヤに使うチョークの性質やタイヤ自体の性質でなかなか落ちないわけです。

 

今回はこのなかなか落としにくいタイヤチョークについて、どのようにしたら簡単に消せるのかを見ていきます。

タイヤチョークを効果的に落とす方法

タイヤに深く食い込んでいるチョークは簡単には落とせません。

 

あなたも挑戦したことがあると思いますが、ちょっと雑巾でこすった程度では運がよければかなり薄く、そうでないならちょっと表面が取れただけということもしばしばです。

 

ですから、普通にやっただけでは全然落とせないわけです。

 

効果的に落とすためには溶剤を利用して落とす必要があります。

 

溶剤ってなに?というとアルコールや灯油、ガソリンなどが代表されるでしょうか。

 

油性のマジックを落とすにはアルコールによって溶かして拭くという方法が妥当だということを考えるとわかってもらえるでしょう。

 

タイヤチョークですと、この中で妥当な選択は灯油を利用すると良いでしょう。

なんとなくダサいタイヤの駐車禁止チョーク

タイヤは黒地であってチョークが白いのでなんとなく目立つというのが嫌なもので、タイヤにチョークが付いている点で駐車禁止取締りによって書かれたことがなんとなく想像できてしまうことがダサいと感じる原因ではないでしょうか。

 

特にトラックのような作業用の車であったり、ハイエースなどの業務用ワンボックス以外では、なんとなく違和感があるような印象を受けませんか?

 

とはいえ切符を切られたかどうかにかかわらず、取締りを受けたんじゃないか、警察官の何か言われたんじゃないかということを想像されてしまうことが残念なところです。

どうしてなかなかチョークが落ちないのか

取締り用にチョークは簡単に落ちないように油分が含まれています。

 

これは何も取締りされる相手へダメージを与えるためではなく、雨でも取り締まりが出来るようにということになります。

 

ですから、学校で利用しているチョークと違ってとても落とすのが困難になるということになります。

 

油分を綺麗にするには油分を溶かしてふき取る必要がありますので、溶剤が必要というのはこういった理由があります。

放置すればするほど落としにくくなるので早めに対処する

駐車禁止チョークがかっこいいという人は少数でしょうから、多くの人にとってすぐに落としたいはずですが、放置するとどんどん落とすのが困難になります。

 

ですから、駐車禁止でチョークを使われたら出来る限り早く落とすようにしたいものです。

 

逆に古くなってしまったチョーク跡を消すには、削り取るぐらいの気持ちが必要になってくるでしょう。

 

でもコンパウンドは逆に白くなってしまうので、使わないように気をつけてくださいね(笑)。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】