あなたはタイヤワックスを利用したことがありますでしょうか。

 

使ったことがある方ならばわかってもらえるでしょうけど、説明どおりにやると思ったよりもうまくいかないことってありませんか?

 

実は説明書どおりにやるとどうしてもうまくいかないことがあります。

 

そう、うまくいかない理由は説明書どおりにやってしまうことなのです!

 

最近はそうでもないですが、もしあなたがタイヤワックスを使って満足な結果が出ないならこちらを確認して、どうすればかっこよく使えるのか、その方法を確認してください。

タイヤワックスでかっこよく見える基準

まずはどのような程度がかっこいいのか、これを確認するべきでしょう。

 

私が考える一応の基準は出来たばかりのアスファルト舗装面を例に出します。

 

それ以上にテカテカしていたらダサい可能性がありますので注意が必要です。

 

ですから、せっかくタイヤワックスをつけるのですから、つやが出すぎている状態を回避して、かっこよく見せるために調整する方法を確認してもらえたらと思います。

テカテカにならないようにする方法

タイヤワックスでダサくみえてしまうのは、はっきりいって塗りすぎなのが原因なのです。

 

タイヤがテカテカしすぎているとどうしても違和感がありませんか?

 

もしアスファルト路面がテカテカしていたら違和感を感じますよね?それと同じです。

 

ですから、塗りすぎにならないようにすれば良い、自然に見えるようにすることが大切になります。

 

その具体的な方法というのは、縫った後にスポンジで量を調整することです。

 

「えっ!これだけ?」と思いますが、これだけなのです。

 

無駄についている油を均等にすることで違和感の払拭することが出来るのです。

 

なお、この油取りに利用するものですが、カスが出てしまうものは望ましくないので、クロスを使う場合には注意してください。(通常クロスは白地が多いので黒地のタイヤにカスが付くとダサくなる)

そもそもなぜタイヤワックスをつけるとかっこよいのか

そもそもタイヤは光っているものではありませんので普通の状態で問題ないのですが、タイヤ自体は汚くなるもので、黒地のうえに泥が付くと若干ダサく見えてしまいます。

 

他方、新しい道のアスファルトを走って気持ちがいいと感じる人も少なく無いと思いますが、適度な黒の光沢は新しい、調整されている印象を受けます。

 

整髪していないよりも整髪しているほうが良く見えるのと同じでタイヤにもこれがいえます。

 

まあ、イメージの問題ですのでそれほど気にしないというなら全く必要のないものです。

 

タイヤワックスは元々レザー掃除用のものをタイヤにも使えるということで、拡張していった経緯がありますので、それほど積極的のものではなかったのかもしれませんね。

 

私見ではありますが、タイヤワックスは別としてタイヤに泥が付いて茶色になっているよりはタイヤワックスを使って調整したほうが洗練されたイメージがありますが、あなたはどうでしょうか?

最近はツヤ消しタイプのタイヤワックスも登場

ここまで説明してきたように油量が調整されれば問題ないわけで、無駄に光っているのはあまり望ましいものではないということをいってきましたがどうでしたか。

 

レザー用の調整剤からの派生でタイヤにつけてしまったことを考えるとテカってしまうのは仕方がなかったのかもしれませんね。

 

ですが、出来れば手軽にかっこよくなればよいですよね。

 

このようなことからある意味でようやくタイヤ用のワックスが登場しました。

 

それがつや消しタイプのタイヤワックスです。

 

ということはそもそも、今までのタイヤワックスは本流ではなかったことになります^^;

 

テカテカさせるのが良いという方もいるでしょうから、これは個人の好みになりますが私は断然つや消しをオススメします。

 

あなたが持っているタイヤワックスがテカテカしてしまうならスポンジで量を調整してみてください。

 

以上、あなたのカーライフのお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】