自動車の登録で必要になる委任状は、手続きを自分以外の者に代行させるときに必要な書類です。

 

車では、所有者と使用者が異なることが多く、それぞれに委任状が必要になることがあります。

委任状が必要になる状況

自動車で委任状が必要になる状況といえば登録で必要になりますが、登録とは様々な法手続きであることをご存知でしょうか?

 

例えば車を廃車にするときには、抹消登録が必要ですし、車を売買したときには移転登録が必要になります。

 

これらを業者に代行させたときには、委任状が必要になりますが、所有者と使用者が異なる場合には、それぞれ必要になります。

 

さらに、車を売買したときについては名義変更の手続きが必要になりますが、これを業者に依頼した場合には、新所有者と旧所有者、二枚の委任状が必要になります。

 

さすがに、その状況下で所有者と使用者が異なるという状況はほとんどないようです^^;

委任状が不要な場合とは

委任状が不要な場合とは、本人が窓口にいって手続きをすることです。

 

現代では、業者に代行を依頼するということがほとんどで、一部代行費用を節約したい方が自分で行うのみですが、委任状が不要なケースとはこの自分で行うケースなのですね。

 

名義変更の場合も、新所有者と旧所有者が揃って窓口にいけば委任状は必要ありませんが、このようなケースは基本的には起こらないので、委任状は何かと必要になりますね。

国土交通省からフォームをダウンロード

委任状自体は簡単なフォームであり、下手をすれば手書きを作ることも可能でしょう。

 

一応、国土交通省では委任状のひな型pdfファイルがありますので、これをプリンターで印刷すれば初期状態の書類を獲得することが出来ます。

 

国土交通省ホームページの委任状ひな型ダウンロードページ⇒http://www.mlit.go.jp/common/000226587.pdf

業者が代行なら書類を用意してくれる場合が多い

最後にこの大量に必要になる委任状ですが、業者に任せるならば業者が書類フォームを持っているので用意する必要はありません。

 

もちろん、書く必要はありますが簡単に書ききれる内容ですので、困ることはないでしょう。

 

ただ、印鑑証明書が必要な場合には、その印鑑証明書と対応した委任状が必要であるケースもありますので、面倒があるとしたらこのようなときでしょう。

 

このほか、譲渡証明書に関しても業者が書類フォームを用意していることが多いので、わざわざ用意する必要はありません。

 

委任状について言えることといえばこの程度でしょうか。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】