自動車の登録と聞いてどんなことをイメージしますか?

 

見た目でいえば車に付けるナンバープレートを取得するような状況で考えてもらえればよいでしょう(新規登録)。

 

こちらでは、自動車の登録についてどんなものがあるのかということや、新規登録の方法と必要書類についてお話します。

自動車の登録とは法的に所有者・使用者を確定すること

自動車は法的に所有者や使用者を確定しなければならないために、この権利・義務関係を確定することを自動車の登録といいます。

 

普通の物品には、支配権や使用権が及べば所有権があると考えられますが、車や不動産の場合には若干異なる状況となっています。

 

車は所有者や使用者に対して自動車税または軽自動車税を課すわけですが、このときの課税対象もこの登録に基づいて行われています。

 

ただ、登録というと車を取得して最初の行為のみに思えますが、所有権を移転するときも登録ですし、所有権を放棄する場合も登録となります。

自動車の登録種類について

一般に登録というイメージと合致しているのは新規登録であり、新車または中古車でナンバープレートが無い車について、ナンバーを取得する行為がこの新規登録となります。

 

所有権が場合については一般では名義変更といいますし、正式には移転登録といいます。

 

また、住所の変更などでは変更登録というように、ちょっと書類について変更を行うだけで何かと登録となるわけです。

 

車の所有権を放棄するのは抹消登録といい、あまり知られていないナンバープレートの変更などでは番号登録というなんのことか良く分からない名前になりました(笑)。

 

いずれの手続きも全部登録というわけですが、こちらでは新規登録の方法を続けてみていきます。

新規登録の方法

自動車の新規では、ナンバープレートが無い車にナンバーをつけるようなイメージであり、法的な面でいえば所有者や使用者を確定させて課税関係を明らかにします。

 

登録車では陸運支局に行き登録の手続きを行うことになります。

 

新規登録では、手続き自体について1時間も掛からず終わるものですが、前後でセットになっているものに時間がかかることになります。

 

前後でセットになっているものというのは、車検と車庫証明書取得手続きです。

 

車検については、車の検査が必要になりますので、半日ほど時間がかかります。

 

また車庫証明を取得するときには、2週間ほどの期間が必要であり、登録には車庫証明書が必要であることを考えると、新規登録自体はすぐ終わるのですが、その前に期間が必要であり、その場でも車検を行う必要があるでしょう。

 

なお、軽自動車では区市町村役場の税務関連の窓口で行うことになりますし、厳密には登録ではなくなりますがやっていることは、変わるものではありません。

新規登録に必要な書類

新規登録に必要な書類等は次の5点です。

 

  • 発行後3ヶ月以内の印鑑証明書
  • 上記証明書の印鑑
  • 車庫証明書
  • 完成検査終了証・登録識別情報等通知書・自動車通関証明書
  • 現金

 

4番目の書類は新車・中古車・輸入車によって異なります。

 

また当日は、車検も行うことになるので、そのときに必要な自動車重量税納付書や申請書、手数料納付書は上記には含めませんでしたが必要です。

 

また所有者と使用者が異なる場合には、使用者の住民票や多くの場合に委任状が必要になり、印鑑証明書・印鑑も所有者と使用者それぞれが必要になります。

 

この中で一番面倒なのは車庫証明書であり、取得まで掛かる期間も2週間と長いので事前に用意するようにしたいところです。

 

現金については書類とは関係ないのですが、ナンバープレート代や手続きの申請費用などで3000円から5000円ほど掛かります。

 

この費用については、地域差があることに加えてナンバープレートの種類でも変動があるので、不安な方は10000円持って行けばほとんどの場合には問題ありません。

物好き以外は登録代行を交渉で無料でやってもらう

ここまで説明してきたように、新規登録の手続き自体はそれほど面倒は無くても、その前後には面倒が付きまといます。

 

そこで特に新車の場合には、値引き交渉を行う最終局面で、これらの新規登録についての代行を無料で行うように交渉してみましょう。

 

商談はまとまりかけているときに小さな要求を通すのが望ましく、まさにこれらの代行について無料で依頼することはとても通し易い交渉です。

 

そもそも交渉がまとまりかけているときに、小さなことで覆したりすることは望ましくないでしょうから、割とスムーズに飲んでくれる場合が多いものです。

 

ただし、その前に小さい交渉を行いつくした後では拒否されることもあるので覚えておいてください^^;

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】