自動車免許といえば合宿で取得したという方も多く、ひとつの選択肢として存在します。

 

依然として自動車運転免許の取得には通学が基本ですが、特に若年時にはまとまった休みも取れて旅気分も味わえる合宿は人気ですね。

 

とはいえ、合宿には大きなデメリットも存在するので、楽しく免許取得を行おう!と考えていると落とし穴もありますから注意が必要です。

 

こちらでは、免許取得について合宿に行くメリットとデメリットを確認していきます。

 

まずは、メリットからみていきましょう。

メリットは安い・早い・確実

合宿による自動車運転免許取得最大のメリットは、通学に比べて安いことでしょう。

 

通学では、30万円前後のお金が掛かることが多いですが、合宿の場合には20万円を下回ることも少なくありません。

 

そして、通学の場合では路上教習や学科の日程は自分で調整してこなしていく必要がありますが、合宿の場合には集中的に管理されて行われるために、免許取得までの期間がスムーズで、実質的に早くなることが多いです。

 

最後に確実というのは、免許取得には試験が何回かありますが、これによる超過について面倒を見てくれる場合が合宿による免許取得では多いです。

 

もちろん、通学ではコースにもよりますが基本的には超過分については自分で負担しなければいけないので、お金が多くかかることがあります。

 

なお、余談ではありますが過去に合宿のこのシステムを悪用してずっと沖縄旅行をしていた人がいましたが、現在でも出来るのでしょうか^^;

なぜ合宿は通学に比べて安く出来るのか

普通に考えれば、合宿であれば宿泊費なども込みでの金額であり、それを考えたうえでも教習料金はとても安く感じられませんか?

 

そもそも、通学では30万円掛かるならば、合宿ならば宿泊料金などを考えても50万円ほどになってもおかしくありません。

 

私も過去にこれについてどうなっているのか、考えたことがありますが、現在では一定の答えを得ることが出来ました。

 

合宿による免許取得は、免許取得者にとって効率が良いものですが、教習側においても効率が良いのです。

 

もっと具体的にいうならば、生徒を集めて教習をさせるのも大変であり、生徒をある程度管理し易い状況で教習が出来るならば、無駄も少ないために安く教習を行うことができるためということになります。

 

その無駄が少なくなることによって、宿泊費について負担したとしても、十分に利益が出せる構造になっているということになります。

 

裏を返せば、通学による自動車運転免許教習は無駄な部分が多く、その分を高い授業料でなんとか運営しているということになります。

 

私が卒業した自動車運転免許教習所はつぶれてしまって、その後同じ会社の車両整備に利用されている状況を見ると、教習所はとても儲かる構造というわけでもないので、この無駄な部分というのはとても大きな課題なのでしょう。

 

ここまでみてきたのは合宿による免許取得のメリットでした。

 

次にデメリットについてみていきましょう。

デメリットは集中して免許取得を行うので忙しいこと

私は通学で自動車運転免許を取得しましたが、その理由は合宿がいやだからです。

 

そもそも、なぜ合宿で免許取得をしなければいけないのかということを、考えると良い答えが浮かびません。

 

メリットに挙げた理由について、納得して合宿で免許を取得するならばまだしも、旅行気分で合宿に行くと痛い目に見ることもしばしばです。

 

なぜならば、合宿で免許を取得するという状況においては、短期間でカリキュラムをこなす必要があるので、とても忙しいので旅行気分を味わっている余裕がないことも多いからです。

 

もちろん、学生のときに友人といけばそれも良い思い出となるはずですが、これは高校生ぐらいまでで、それ以降であれば他のことも忙しいのでなかなか楽しんでいる余裕もないはずです。

 

そのため、遠隔地に旅行気分で合宿免許取得に行くと落胆する羽目になることも多いですし、途中で帰ることも出来ませんのでその覚悟が必要です。

 

もちろん、途中で話したシステムを悪用して長く滞在するような旅行では別かもしれませんが、多くの方は旅行気分で行くべき場所ではないでしょう。

 

なお、私が合宿に行かなかったのは、仕事を2週間ほど予定を空けられなかったことに加えて、わざわざ遠隔地にいって教習を受けるということについて、合理性を感じなかったためです。

 

費用が安いのは嬉しいことですが、仕事をしながら取得すれば多分大きく変わるものではありませんからね。

特別な目的がないならば通学のほうが良い

合宿よりも通学ということで途中お話してきました。

 

人により様々な理由で、どちらが望ましいのかは違いはあるはずですが、私は多くの方にとって通学のほうが望ましいと考えています。

 

費用については、途中で話したように合宿のほうが安いわけですが、仕事をしていない方や自由に出来る時間に全く価値が無いという方以外は、それほど差は出ないでしょう。

 

また、期間についても通学でもお金を出したらある程度融通が利くプランもあります。

 

卒業までの期間保証についても同様にプランによっては通学でも定額で保証してくれるプランもあります。

 

このような状況でわざわざ合宿に行く人といえば、高校生か比較的時間が空いている大学生ぐらいならば良いとして、それ以外の方は遠隔地でわざわざ免許を取得する意味は無いという結論になります。

 

最後に、合宿で出会いがあるのでは?ということを見るかもしれませんが、SNSが発達した現代では、合宿にいかなくても町中で出会いがありますので、わざわざ遠隔地に行く必要もなくなりました。

 

そのため、本当に合宿に行って得が出来るという属性の人は限られていますので、このことが通学をオススメしている理由になります。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】