車を買うならば、少なくとも高い金額で買うということだけは避けたいですよね。

 

同じ車を買った人と、価格差があると差額は損をしてしまったと、あなたは考えてしまいますか?

 

当サイトでは、このようなことがないように、車の値引きを効果的に引き出す方法等をお伝えしています。

 

さて、こちらのページではその内容について深くみていくわけですが、あなたは新車の値引きについては地域差があることをご存知でしょうか?

なぜ車の値引き額に地域差が存在するのか

車を買うならばできる限り安く買いたいということで、最近は雑誌やインターネットの情報サイトなどで値引き相場を公開している状況を見受けられます。

 

このような値引きの情報については、おそらく関東地方などのメジャーな部分での価格としているので、地域によってはかなり値引き額も変わってくるでしょう。

 

そして、ちょっと変な例えですが、その値引きは出来ないといわれるほうが、まだマシだったりします。

 

つまり、地域によってはまだ値引きが引き出せるのに、少ない値引きで車が売れてしまったとなればこれは損ですよね?

 

この新車購入の値引きについて地域差が存在する理由は、販売上の理由である場合がほとんどです。

 

つまり、車を売り易くするために値引きを行うということです。

 

これは、競合する他社が存在することで発生する競争が原因となっています。

 

こちらでは、具体的な地名を挙げるわけではありませんが、値引きに有利な地域と不利な地域についてみていきます。

値引きに有利な地域・不利な地域

値引きを引き出すには、競争が必要ということですから、当然に市街地では多くのディーラーがありますので、値引きも競争がある分だけ期待できるでしょう。

 

他方、郊外においてはディーラーが少なかったり、特定のメーカーやディーラーが一人勝ちしている状況では、値引きは期待できないということになります。

 

なお、ここでは市街地と郊外という比較ですが、重要なのは競争状態にある販売店があるかどうかということです。

 

あわせて、競争状態があることですから、例えば豊田市周辺のようにトヨタが強いような場所では、値引きも期待できない可能性がありますし、勢力的に弱い販売店は値引きを大きく打ち出してくる可能性があります。

値引きする理由がなければ値引きはしないのが鉄則

重要なことですので、ここで確認しておかなければいけないことがあります。

 

値引きというのは、引き出すものであって相手が気前良くくれるものではありません。

 

つまり、車を安く買いたいと考えているならば、それ相応の行動が必要であり、それが出来ないならば値引きは難しいということになります。

 

ここまで説明してきたように、値引きをするというのは販売上の目的があります。

 

競合する販売店よりも車を買ってもらいやすくするために値引きを行うのです。

 

この値引きは利益を減らすことを意味しますから、意味もなく利益を減らすことは無いですよね。

 

ですから、競争状態に無い場合には値引きは期待できず、結果として値引き金額に地域差が出来てしまうということになるのです。

多くの値引きを期待したいならば競争地区で買うのが鍵

わざわざはるか遠くまで行く必要はないのですが、お住まいの地域に販売店の競争がないならば、少し競争がある地域で車を交渉するほうが良いかもしれません。

 

逆に状況では、競争状態にある地域の販売店の値引き額を、競争状態が無い地域の販売店と比較しても意味がありませんし、販売員によっては軽くあしらわれる可能性があります。

 

上でも説明したように、値引きというのは結構シビアなもので、販売上の理由がなければ引き出せませんので、地域差が大きいところで比較しても意味がないですよね。

 

逆にそれでも競争状態が無い地域で車を買うならば、値引きについてはいくらか諦めるような状況も必要となってきます。

 

なお、車をローンやクレジットで購入する場合に、販売店によって金利が異なる場合には、値引き以上にシビアに見たほうが良い場合も多く、金利が高くなりそうならば、銀行などの低金利ローンを検討するべきであるでしょう。

 

値引きには競争が必要であり、競争の地域差によって値引きにも地域差があるということを覚えておいてください。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】