先に個人売買で車を売る利点をいえば、個人売買で車を売るのが最もお金になり易いです。

 

当たり前ですが、間に業者が入らないので利益や人件費などの費用を徴収されませんから、当たり前ですね。

 

売り手にとっては中間マージンがないから高く売れるし、書い手にとっては同様に車を安く買うことが出来る。

 

双方にとって非常に理想的な取引に見えますが、実はトラブルがあるという点でこの利点が全て吹き飛ぶということをあなたは理解していますか?

 

もし個人売買で車を売りたいと考えているなら一読したうえで売却方法を選択してください。

個人売買で車を売るのは車屋の小遣い稼ぎ以外オススメしない

個人売買で車を取引できるのは法的手続きやリスクについてよく理解している車屋以外はやめたほうが良いでしょう。

 

つまり、これを実質的にやるのは車屋を廃業させた個人や車屋でサラリーマンをしているけれども、裏でこっそり小遣い稼ぎをするような場合です。

 

それ以外の方がやるには面倒が大きすぎます。

 

確かに双方にとって非常に有利に見えますが、それは円滑に取引が進んだ場合でトラブルなどが無く取引が終わった場合だけです。

 

個人売買で車を売ることには大きく2つの点でトラブルが発生するでしょう。

買主がしなければいけない法的続きがあること

車は普通の物品と異なり、法的に所有権を確定させなければいけません。

 

つまり、普段使っているコップなどは使用権や支配権があれば所有権を保有していると考えられますが、車の場合には「名義変更手続き」という法的手続きを経て所有権の移転が完了します。

 

これをしないとどうなるかといえば、多くの場合に自動車税の納税義務でトラブルに発展します。

 

自動車税は毎年4月1日の車所有者に対して課税される税金ですが、名義変更をしていないと車を使用していないにも関わらず税金を払う義務を負います。

 

税金についてはお金を払うだけで良いのかもしれませんが、事故などを起こしてしまってさらに買主が逃亡してしまったケース、犯罪に利用されてしまったケースではもう最悪です。

 

このように買主が善意の取引人であるという担保が取れない場合には、つまりインターネットで売るような場合にはとても大きなリスクを売主は負っています。

 

しかも売主が追う責任はそれだけではありません。

売主の瑕疵担保責任が想像よりも結構重いこと

民法566条と570条によって、売主は買主に対して売った物品についての隠れた瑕疵などについて、責任を負うこととされています。

 

これを売主の瑕疵担保責任といいますが、これだけではどうも具体性に欠けるので例をあげて説明します。

 

隠れた瑕疵とは、説明の無かった故障に置き換えてください。

 

売った車について何か故障が起きたときに、この説明が無かった故障というだけであなたは訴えられる可能性があります。

 

売った車が大きな事故を経験したのにそれを隠した場合には当然訴えられても仕方有りません。

 

ただし、そうでない場合でも訴えられる可能性はあります。

 

中古車で買っている車の前オーナーが起こした事故などについてはなかなか知ることが出来ませんが、これについても訴えられる可能性があるということです。

 

さらに酷いのが車は機械部品ですから、使っていればいつかは壊れる可能性を持っていますね。

 

ですから、耐用による故障については普通売るときには言いません。

 

でも、ブレーキパットの消耗に関しての故障などで事故が起きた場合に、これについても訴えられる可能性もあるということです。

 

もちろん、あなたは耐用によって起きた事故であることを証明すれば良いのですが、それって凄く面倒ですよね?

 

つまり最終的に私が言いたいのは、一般の人が訴えられる可能性を追うことについてよいものではないということです。

 

あなたは高く車を売ることと引き換えに、このようなリスクを負うことについて容認できるでしょうか?

トラブルも人生の一部!と楽しめる人以外は車を個人売買しない

私の経験上、人生はトラブルの連続だから解決してこそ我が人生という方も確かにいますので、このような方はぜひ個人売買に挑戦されると良いでしょう。

 

というのも、やはり業者が間に入らないだけあって車を高く売ることが可能だからです。

 

買主としても業者が車を売るよりも安く買うことが出来ますから、こういった取引はどんどん活性化していけばよいと思っています。

 

ただし、売主も買主も相当な法的リテラシーがあるといいますか、日本的にいうと善良な取引人であることが条件でしょうか。

 

このような条件が揃わないとトラブルは発生してしまうのではないかと思っています。

 

そのため、9割以上の方にとっては車を売った後に訴えられる可能性をしばらくは想定して生活しなければいけないことを望まないと思います。

 

ですので、私が申し上げたいのはリスクまで考えたうえで車を売ったほうが良いということになります。

 

個人売買で車を売ろうと考えていた方の意思決定に役立てば幸いです。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】