フロントガラスのひびって結構気になりませんか?

 

まるで防弾ガラスに打たれたみたいな状態になっています。

 

このガラス修理は基本的に交換が前提でしたが、現在では部分補修のようなことも出来るようになっています。

 

こちらでは、業者に任せてガラス修理をすることについてお話していきたいと思います。

 

なお、現在では自分で修理を行う方法もありますが、補修できる傷はかなり限られていることを知っておくべきでしょう。

1万円ほどで修理が可能だが・・・

自分で補修するときと同様に、フロントガラスの補修にはある程度の範囲を超えないことが条件であり、その大きさは500円玉大の大きさ程度となっています。

 

これを超えるときには、フロントガラスを補修するのではなく交換をする必要があり、金額的に高くなります。

 

そもそも、フロントガラスは過去の車と違い、合わせガラスと割れると粉々に崩れるガラスで出来ていることから、ひびが入る程度ではそれほど問題がないことが多いのも事実。

 

そのため、補修を無理に行うことは必要ないということもあります。

交換なら10万円からと高額

最近はフロントガラスの修理といえば補修という選択肢が増えたわけですが、過去においては、ほとんどの場合に交換という状況でした。

 

交換となれば10万円からと大変高額であり、果たしてその金額を出して交換する価値があるのか・・・と考えてしまいますよね。

 

今のフロントガラスは合わせガラスですから、ひびがあってもほとんどの場合には問題ないことは言いましたが、それにあわせてこの費用です。

 

補修にしても1万円からということですから、修理することが良いと考えるのは、相当高い車でありひびが車の価値に直結するようなセダンぐらいでしょうか。

そもそもなぜフロントガラスに傷が付くのか

気が付いたらフロントガラスにひびがあるということが多いですが、では一体どういう行程でガラスに傷が付くのでしょうか。

 

その多くは、高速道路などの高速走行時において、前面から反対方向に飛んでくる石などによって、フロントガラスに損傷を与えることが原因です。

 

現在の車フロントガラスは、一種の強化ガラスであるために簡単には傷は付きません。

 

そのため、反対方向から速度が付いている物質と、自分自体が速度を持っているような状況でなければ、なかなか傷をつけるのが難しいのです。

 

このことから、高速道路での異物飛来が最も可能性があり、傷の形状からもほとんどの場合そうであると考えられます。

 

ただ、実際に高速道路で石が飛んできて傷が入った瞬間を見るのは、結構珍しいケースになるでしょうから、気が付いたらひびが入っていたということのほうが多いので、あなたの車におけるフロントガラスの傷が必ずしもそのような状況で付いたとは限りませんが、ほぼ間違えないでしょう。

ひび割れがガラス崩壊にはつながりにくい

最後に、途中で申し上げたようにフロントガラスにちょっとしたひびが入ったところで、すぐさまガラスが崩壊するような状況は考えにくい現状があります。

 

現在車に使われているフロントガラスは合わせガラスであり、強化ガラスの一種ですからちょっとしたものがぶつかってもガラスを突破して危険にさらされることはありません。

 

また、そのひびがとても大きい場合を除けば、走っていて自然に割れるなんてことも、なかなか起こらないでしょう。

 

したがって、基本的にフロントガラスのひびはそのままにされることが多く、車を利用してきた証程度で考えておくのも妥当かもしれません。

 

いずれにしても修理をするのに1万円以上、交換ならば10万円以上かけるわけで、それに見合った価値があるのかはしっかりと考えて行いたいものです。

 

なお、車を売るときにフロントガラスのひびが査定金額に与える影響は多少あれど、交換しても修理費用などより査定額が大きくなることは基本的にないので、修理せずに査定に出して大丈夫でしょう。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】