車を売ったときには払った自動車保険についてはどうなるのでしょうか?

 

せっかく払った保険ですが、結局車を売ってしまったとなれば不要です。

 

未経過分に関しての取扱いが気になりますよね?

 

これについて当たり前ですが、払い戻しを受けたり、払った分について請求する権利があります。

 

ただし、手続きや注意点もありますのでそれを確認していきたいと思います。

保険は前払いなので未経過分は還付される

自動車保険は1年分前払いですから、当然未経過分に関しては払い戻しを受ける権利があります。

 

保険の契約によって一度支払ったものに関しては一切返金しないなんていう契約を結んでいた場合にはそちらが優先されますのでご注意ください。(本来、契約書を全て確認しなければいけないが、日本人はあまり確認しない。)

 

ただ、多くの自動車保険では返金や他の車へ振替も当然に対応していますので、今後保険をどうするのか相談するついでに確認するぐらいで問題ないでしょう。

任意自動車保険では状況で手続きが分かれる

前置きはさておき、ほとんどの自動車保険会社では車を乗り換えたり売ったりすることを前提に保険が作られているケースがほとんどですから、あなたが想定するような保険の取扱になるでしょう。

 

次ではケース別に自動車保険をどのようにするのか、確認していきたいと思います。

 

車を乗り換えて継続して保険を利用する

一番多いのが車の乗り換えです。

 

これは車両の入替という手続きを行うだけで問題ありません。

 

ただし、自動車保険というのは車の属性についても保険料が変わってくるのです。

 

例えば安全装備による割引みたいなのもありますし、逆に事故が多い車だと保険料が上がります。

 

ここは保険会社によって変わってくるでしょうけれども、これによって変動した保険料は一部払い戻しや多くなってしまった差額を請求されるケースもあります。

 

いずれにしても、ただ車両を入れ替えるだけで継承することができ、手続きが簡単ということを覚えておきましょう。

 

10年以内に任意自動車保険に再加入する予定がある

車にまた乗る機会があるという方は、中断証明書というものを取得することで、現在の等級を引き継ぐことが出来ます。

 

表題にあるように、10年までしか中断証明書は利用できませんので、それを過ぎると新規加入になるでしょう。

 

なお、10年以内という期限もさながら、7等級以上であることも条件です。

 

まあ等級が低いのに、わざわざ中断証明書を使うという人もいませんから問題ないでしょうけれども^^;

 

中断証明書の発行には3つの書類が必要です。

  • 中断証明書取得のための依頼書
  • 車を処分したことの証明書
  • 自動車保険証のコピー

 

中断証明書取得のための依頼書というのは保険会社が用意するので、別段あなたが用意する必要はありません。

 

自動車保険証のコピーもただコピーをとればよいでしょう。

 

重要なのが車を処分したことの証明書です。

 

車がなくなったことを証明しなければ中断証明書は発行することが出来ません。

 

売ったのなら売却の領収書や廃車ならその時に取得した解体証明書などが必要になります。

 

なお、任意保険解約後の13ヶ月以内に行う必要があるのでご注意ください。

 

保険関連は決まった期日や手続きが多くて面倒ですね^^;

 

もう二度と車に乗る予定が無い場合

支払った自動車保険料は前払いですから、返してもらうことが出来ます。

 

このときには月割で計算する場合と短期率という率表を利用して計算する場合があります。

 

どちらかというと月割計算のほうが妥当な計算で分かり易いですよね。

 

たいして短期率を使うものに関しては、未経過分について一定の係数を掛け算し、その計算した額をあなたに返すというものです。

 

私の感じるところでは、短期率を使った計算のほうがあなたが不利になることが多く、保険屋はうまいことやっているなという印象です。

 

もちろん、契約ですから途中で解約したほうが悪い!なんて保険屋も言い分があるでしょうけれども、ユーザーとしては未経過分については面倒な計算をしないで月割で返して欲しいと思います。

自賠責保険の還付は無い

自賠責保険は車を売ったときには還付はありません。

 

というのも、自賠責保険は車検の中に含まれて評価されますので、実は車を売ったときに自賠責保険評価額は査定額に含まれているはずです。

 

もちろん、車検が無いときには自賠責保険も無いという場合が多いでしょうから評価は当然されませんし、還付などの概念もありません。

 

ただ、車検が沢山残っていたなんていうときには、車を売るときにどのように評価されているのか、量的な質問を行ってください。

 

車買取はある意味でオープンプライスなので、主張しない人は損をしてしまいますので気をつけましょう。

その他の車を売ったときの還付など

本稿とは関係が薄いですが、車を売ったときに返還されるのは何も保険だけではありません。

 

例えば、自動車重量税や自動車税に関しても当然に評価されて戻ってきています。

 

 

またリサイクル料金についても最終的に処分するオーナーが負担するようになっていますので、車を売ったならばこちらも返してもらえます。

 

ただし、査定額に含まれて評価されているケースがほとんどなので、もう一度いいますが、量的な質問を行ってどうなっているのか確認してください。

 

既に売ってしまっている方は車売却の領収書に記載されているはずなので確認してみましょう。

車を売っても前払いの費用は還付などで回収できる!

還付をしっかりする体制や評価される体制が整っているので、例えば車検を取ったからまた車を乗ることや税金を払ったからまた乗ろうなんて考えなくて大丈夫です。

 

新しく車が欲しくなったときに車を買い替えたり、どうしてもお金が必要だから車を処分するというのはいつでもかまわないのです。

 

でも、手続きが必要であったり、車を売るときに質問をしないと適当に済まされてしまったりと注意点は多数あります。

 

ですから、保険なり税金なりを前払いしてしまったとしても、売ることについてためらうことは必要ありませんが、お金が関係するために必要以上に注意を行うようにしてください。

 

まとめると、多くの前払い費用は返ってきますので、手続きを忘れることなく行いましょう!

 

以上、お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】