車を売った後、または廃車したときには今まで加入していた保険は、車の運行や保有についての保険であるために、契約した保険について既に用はないですよね。

 

保険というのは特定のリスクに対して備えるもので、そのリスクがないのにお金を払うなんてナンセンスです。

 

つまり、保険対象がアクティブならまだしも、そうでないならばかけていても意味がありません。

 

ここで、自動車関連の保険は前払いであることが多いわけですから、車がなくなったときにはどうなるのか。

 

それを確認していきたいと思います。

保険は月割り計算で還付される

前払いで保険料を払っていますので、月割りで未経過分を還付される形になります。

 

ただし、この月割りが純粋に未経過分をあなたに還付する業者と、率計算で認められる場合がありますが、多くの場合前者のほうが有利なようです。

 

いずれにしても備えるリスクがないのに保険を買うなんていうのはナンセンスですから、前払いした未経過分については還付を請求しましょう。

 

なお、保険会社によっては短期率という料率計算をする場合があります。

 

このときには、月割り計算よりも不利な額になることが多いですが、月割り計算にしても現在の月を切り捨てることを考えれば、どっちもどっちであるといえます。

 

いずれにしても申請をしないと還付金は受け取れませんし、発生もしない損失に対しての保険は全くもったいないので手続きは速やかに行うようにしましょう。

自賠責保険の還付取扱について

自賠責保険については車買取業者に売ったときと廃車のときで若干取り扱いが異なります。

 

まず、車を売ったときには、車検の評価として査定額に上乗せされています。

 

ですので、車を売ったときはそれほど手間もなく回収することが出来ますね。

 

対して、廃車をしたときには、手続きが必要になります。

 

これについては待っていても勝手にやってくれないので、廃車を行った証明を持って還付手続きを行ってください。

 

もちろん、廃車を業者に任せてしまえば手間もかかりませんが、この還付などの評価額については業者に対してどのような処理にしているのか確認したいところです。

 

廃車費用をこれでまかなうなんていうケースもありますが、一応あなたに還付を請求できる権利がありますので、もしかすると別途取得できる可能性もあります。

任意保険の還付取扱について

任意保険は廃車をしたときと同様に、申請がほとんどの場合に必要になります。

 

ただし、車を手放した後に次の車があるならば、その車に対して新しい契約に継承させるなどすることが多いでしょう。

 

なので、純粋に還付を受けるというのは、ただ保険を解約するようなケースに限られます。

 

なお、任意保険の契約内容によっては払い戻しに対して一定のペナルティーがあるかもしれませんので気をつけてください。

申請が必要な場合は遅滞なく手続きをする

せっかく還付があるといっても、ほったらかしにしたらその分目減りしてしまいます。

 

保険は事故や盗難などのリスクについて、備えるものですからリスクが既に存在しないのに保険を買うなんていうのは非常にナンセンスです。

 

ですから、できる限り早く解約するなり他の保険に切り替えるなりするべきでしょう。

 

特に代理店型では問題ないケースが多いですが、ダイレクト型では自分で行わないといけませんから車買い替えなどのときには注意してください。

 

いずれにしても、あなたの理由で還付や契約更新を後回しにした結果、被害があることについては誰も面倒を見てくれませんので、保険関連で何か変化が起きたときにはあなたがすぐに動いて手続きする必要があることを忘れないでください。

 

以上、車を売ったときの保険取扱でした。

 

お役立てください。

 

あなたは自動車保険が高すぎる!と感じたことはありませんか?

自動車保険はいざというときに役立つものですが、何もないときにはただお金を払っているだけです。

実際はそんな簡単なものではありませんが、事故があったからといって喜べるものでもありません。

それに毎月何もなくてもお金がかかるものですから、できれば安いに越したことはないですよね。

ただ、自動車保険にはさまざまなものが付随していて、大きなパッケージとして販売されている場合が多いのです。

その結果、対人と対物だけでよくても別のものが入って高くなっているようなことも往々にしてあることが自動車保険の費用を高いものにしています。

近年、自動車保険業界が大きく変わっています!

もし、同じ補償内容の自動車保険でも費用は、今の半額になるといったらあなたは興味がありますか?

自動車保険業界は現在、大きな変革期を迎えていて、このような要望も満たせる場合があります。

というのも、従来は保険を人が売っていたわけですが、近年はインターネットによる直接取引も増えてきているのです。

このことで、中間でかかる人件費や利益をカットすることができるので、多くの場合には補償条件は同じでも費用が安くなるという仕組みです。

もちろん、全てに人がそれほど大きな減額は期待できませんが、高い自動車保険に入っている人ほど、保険に見直しによる効果が大きいのです。

そのため、車の買い替えや車検、保険の更新など節目のときに保険の見直しをしている方が増えています。

もし、あなたが自動車保険を安くしたいと考えるならば、見直しの試算だけでもしてみてください。

⇒ネットで自動車保険の見直しサービス詳細【利用無料】

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】