自動車保険はいざというときに頼りになりますが、何も無ければお金は出て行くばかりのものです。

 

そうであるならば、できる限り保険料を安くしたいと考えるものですが、実際に安くしようとすると何かと複雑な用語が出てきます。

 

しかしながら、現在の流れを考えると全てのことについて知っておく必要はないのですが、ある程度のことは知っておくべきです。

 

ダイレクト系の自動車保険では、自分で保険をある程度作らなければいけないことがその理由です。

 

こちらでは、自動車保険について、最低限知っておきたいことを、簡単に説明していき、自動車保険を安くするためにはどうすればよいのかということをお話していきます。

自賠責保険と任意保険の補償違いを確認

まずは、自動車保険の種類について確認しましょう。

 

いわゆる強制保険である自賠責保険と、それとは別にユーザーが任意で加入する任意保険があります。

 

自賠責保険は、車検を取得するときに自動車重量税と同時に払っていると思われますが、任意保険は自分で加入しなければいけませんね。

 

さて、大きくはその補償内容が異なります。

 

自賠責保険では、相手のドライバーに怪我を負わせたり、助手席の同乗者が怪我をした場合には補償がありますが、自分や物損、また車両については補償がありません。

 

また補償内容に合致したとしても、死亡で3000万円、後遺障害で4000万円、怪我では120万円までしか補償されません。

 

この補償内容が限定されていることや、補償金額が限定されていることについて任意保険でカバーするという状況になります。

 

補償の違いについては、表にまとめましたので確認してください。

 

自賠責保険 任意保険
相手・人身
同乗者・人身
自分・人身 ×
相手の車・物損 ×
自分の車・物損 × 内容による
その他・物損 ×

 

自賠責保険では、相手と同乗者の人身しかカバーできないのが分かると思います。

 

なお、自分の車の物損については、保険の内容によって変わってくるのですが、保険料を節約したい人ほどこの内容を削除するので、内容によるということにしました。

任意保険の内容

任意保険については大きく5つの種類に分かれています。

 

任意保険種類 説明
対人賠償 他人を死傷させたときに支払われる保険
対物賠償 他人の財物に生涯を与えたときに支払われる保険
人身傷害 自分の車に搭乗中の人が死傷したときに、過失に関係なく支払われる保険
搭乗者傷害 自分の車に搭乗中の人が支障したときに支払われる保険
車両保険 自分の車が損害を負ったときに支払われる保険

 

任意保険については、これらの組み合わせや特約などによって設計されているものになります。

 

全部入れば一番良いのですが、そうなると保険料が高くなるので、保険料を安くしたい方は、どの部分を必要としてどの部分を必要としないのかは取捨選択する必要があるでしょう。

 

次にダイレクト系と代理店系の違いをみていきます。

ダイレクト系と代理店系の違い

ダイレクト系と代理店系の一番大きな違いは保険料の違いです。

 

ダイレクト系は電話やインターネットで直接契約する自動車保険であり、代理店を通さないのでコストが削減できるというものになります。

 

その反面、保険の申込みについて面倒であったり、電話一本で丸投げできないようなこともあります。

 

とはいえ、事故対応について何か違いがあるわけではなく、代理店が手続きをしてくれるか、保険会社担当者が対応するかというだけです。

 

ダイレクト系 代理店系
契約 自分で行う 代理店がやってくれる
事故処理 保険会社担当者 代理店
補償内容 変わりなし
事故対応
保険料 安め 高め

 

次に保険の金額が変わる条件として、加入者の特性についてみていきます。

加入条件と保険料の確認

現在の自動車保険は、リスクが高く支払われる金額が高い人ほど、保険料が高くなる計算になっています。

 

そのため、加入者の条件によって保険料が変わっているので、その要素の確認となります。

 

加入条件 説明
年齢 若い人ほど高いが、高齢者も高くなる
走行距離 距離が多くなれば保険料も高くなる
車種 スポーツカーや事故実績が高い車は保険料も高くなる
用途 ビジネスで利用する場合は保険料も高くなる
免許証の色 技量はさておき、ゴールドであれば保険料は安くなる
移住地 事故が多い地域ほど保険料が高くなる

 

距離を走る人ほど高く、また年齢が若いほど高いわけですが、最近は高齢者の値上げも著しい結果となっています。

 

後は免許の色というのは分かり易いですね。

 

必ずしもゴールド免許が事故を起こさないかといえばそうでもないですが、実績として5年間無事故であったということがいえますので、車利用頻度からも低リスクと判断されるのでしょう。

 

保険会社からすれば、車を利用しないで保険料を払ってくれるほど嬉しいことはありませんからね。

自動車保険料節約のためには補償内容を見る

自動車保険料の節約は補償内容の見直しが大切になります。

 

特にダイレクト系に切り替えるという場合には、この補償内容を自分で確認しなければいけません。

 

とはいえ、それほど難しいものではありませんから、ちょっと注意深く見れば難しいものではなく、誰でも簡単に分かるように表示いたします。

 

さて、補償内容の見直しでは車両保険についてが一番良いでしょう。

 

一番節約したいというならば、車両保険をやめれば良いわけですが、特に車が新しい段階や普段から生活で利用している場合には、カットするというのはとてもリスキーかもしれません。

 

そのため、条件によって分けるのが妥当であると考えます。

 

車両保険の種類については、全部入っているのが一般で通称フルカバーといい、部分的にカットしているのが限定で通称エコノミーAといいます。

 

それぞれの違いを表にまとめましたので、比較して見ましょう。

 

一般 限定
落書き
盗難
火災・爆発
台風・洪水
落下物・飛来物
車と車の衝突 条件による
単独事故 ×
あてにげ・いたずら ×

 

限定の車と車の衝突については、相手の車が確認できた場合にのみ補償されるという内容です。

 

単独事故やあてにげ、いたずらによるところが違いを確認できますね。

 

ところで、この部分をカットするだけで年間1万円ほど異なるということは、逆に考えるとこれらが発生する可能性が高いことを示唆しています。

 

保険料と補償内容はトレードオフの関係であり、数字はものをいうと言いますが、まさに安くなった分だけ覚悟が必要ということになりますね。

補償特約の種類

自動車保険の種類によって設計することと、車両保険については一般と限定で補償内容が分かれていることも確認できますが、それ以外の細かい設定は特約によって設計することが出来ます。

 

特約の種類は結構多いわけですが、ここでは代表的なものについてみてみます。

 

特約種類 説明
オールリスク免ゼロ 車両保険特約で一回目の事故免責をゼロにする特約
臨時運転者特約 有人や知人が運転しているときに補償される特約
人身傷害 自分の車に登場中の人が死傷したときに、過失に関係なく支払われる補償特約
対人・対物無制限 対人・対物の補償金額を無制限に設定する

 

人身傷害や対人・対物無制限特約については、特に説明不要かもしれませんし、多くの方が設定しているかもしれません。

 

最近は、対物についても高額な損害賠償が請求されることも多く、無制限に設定しておくことで安心できます。

 

そのほかの特約については、状況に応じて設定するものですが、心配であればかけておくことで安心できますね。

保険会社間で比較してできる限り安い保険を選ぶ

ここまで説明してきたように、現在の自動車保険はダイレクト系がメインになってきていて、保険の内容をある程度知る必要があるでしょう。

 

補償内容を知ったうえで保険設計を行って、販売会社と直接契約を行うということが保険料の節約につながります。

 

なお、保険料は保険会社でそれなりに差が出てきますから、しっかり比較して最も安いところと契約するのが大切になってきます。

 

保険料は出来れば契約満期時においてその都度見直しすることで、そのときに一番安い保険が探せますので、手間を惜しまず比較してみてください。

 

そのうえで一番安い自動車保険を探すようにしてください。

 

補償内容は同じでも、保険料が異なるというのはある意味で一般的な常識になってきていますし、安いところと契約しないことはもったいないですからね!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】