事故が発生してしまったときには、迅速に動くというのはなかなか難しいもので、事前に準備していたとしてもやはり一手遅れてしまうものです。

 

ただ、やることは限られていますから、冷静にというのは難しくても出来ることはしっかりしたいところです。

 

意外に見落としてしまうのが、自動車保険関連のお話です。

 

先に結論をいえば、近年の保険料競争によって、自動車保険は基本的に保険金を出さないことで、収益を上げようとしているので、払ってくれるだろうという算段では甘く、こちらも準備が必要なのです。

 

こちらでは、自動車による事故、いわゆる交通事故にあったときにどのように対応すればよいのかということを、他の人とは違う視点で申し上げます。

救急が優先で次にお金

 

単独事故による軽微な物損ならまだしも、他の車や歩行者などを巻き込んでの人身事故となってしまった場合には、救護が優先されます。

 

その次に、保険金に関係する過失の話であったり、自分の主張を正しく伝えるために状況証拠を守ることも大切でしょう。

 

これらについて順番に詳しくみていきます。

まずは救護を行う

何よりも優先するべきは人命にあることは他の方と同様であり、事故が発生したときには救護を行うようにしたいものです。

 

これは自分が被害者となってしまった場合も同様で、自分だからこそ分かる危険な状態を他人に伝えて、少しでも助かる可能性を上昇させたいものです。

 

なお、本当に軽微である場合を除けば、119番で救急車を呼ぶことは大切なことであり、特に被害者側としては確実に人身扱いにするためにも救急車を呼ぶことは重要な要素です。

 

救護にあたっては、例えば高速道路の危険な位置に停車してしまった場合には、発炎筒などを利用して危険を知らせながら、救護や救援を呼ぶようにしてください。

 

さもなければ、ミイラ取りがミイラになるような状況になりかねません。

状況証拠を可能な限り残すこと

命についてある程度安全が保証されたら、次は保険金関連が重要です。

 

というのも、次の章でお話しますが、保険料というのは基本的に保険会社は出したくないからです。

 

特に自分が優勢であるときほど、状況証拠を残すことが自分の過失割合についての争いでは、とても重要な証拠になるでしょう。

 

もちろん、状況証拠保全については、危険を冒してまで行うようなことではありませんが、意識はしたいものです。

 

なお、自分にとって不利な証拠を消すようなことは、後々になってそれが判明した場合、相当不利になりかねませんのでオススメはしませんし、わざわざ保険料を出したくない保険会社の代理人になる必要はありませんから、行わないほうが賢明でしょう。

保険金は基本的に出し渋られる

命の次にお金か!と思いますが、お金なんですね。

 

世の中お金で解決できることはお金で解決するということは、交通事故において法廷で争う目的になります。

 

交通事故の後遺症などは、等級で定められていて、それについてお金で支払って解決するような状況になりますから、まさにお金で解決するという典型例でしょう。

 

さて、本題ですが交通事故の保険金については基本的に出し渋られるとお考えください。

 

なぜ、このような構造になってしまったかといえば、昔からあることでしたが近年はダイレクト型の保険などによって、保険料の低下が著しく、その結果としてどこで利益を出すかというと、自ずと保険料を払わないという方法を取るようになっています。

 

つまり、保険料は下がるが給料やボーナスを下げたり、リストラなどをするというよりも、保険料を払わないほうが容易なのです!

 

そもそも、万が一のために保険商品を購入しているのに、払わないのは詐欺的なものなのではないか?と感じる人も多いですが、そもそも保険とはそういうものであると認識したほうが良いでしょう。

 

保険契約者にとって、自分の契約した保険を利用する場合でないならば、直接契約していない保険会社に請求を行いますし、目的は交通事故時の賠償請求に備えるためですから、保険契約をした側としては目的が達成されています。

 

とはいっても、いざ被害者になって保険金を請求したのに出し渋られたのではたまったものではありません!

 

そこで、大切なのが法廷の場で保険金支払いについて争うことが重要でしょう。

満足に保険金が欲しいなら弁護士に相談

申し上げたように、保険金を出し渋るというのは仕方ないことと考えて諦めたほうが良いでしょう。

 

保険会社も倫理的な面でどうかはさておき、利益を出さなければいけない営利企業ですからね。

 

さて、このような状況では、法律の専門家に相談して少しでも保険金を取得するという姿勢が大切です。

 

近年の傾向を見ると軽微な事故を除けば、事故があって保険金について争うかもしれないという状況ならば弁護士に相談を行うという項目が、事故発生時の行動マニュアルにあっても良いぐらいでしょう。

 

加えて、自動車保険の特約で弁護士費用を負担するような項目もありますので、保険側も法廷で戦うことを覚悟していての設定なのか、それとも良心の呵責なのかはわかりませんが、設定しておきたい項目ではあります。

事故にあったときは命とお金を大切にする

交通事故は出来れば発生させたくありませんし、かかわりたいものではありませんが、こういったことは呼んでもないときに降りかかるものです。

 

命は取り返しが付かないものですので最優先で救援などを行うとして、次にお金についても重要であるということを忘れないでください。

 

多くの場合には、保険会社と保険金の支払金額について争いになる時代ですから、軽い物損事故などを除けば弁護士に相談する状況という認識をもって欲しいと思います。

 

お金で人命は買えませんが、お金で解決できることは思っている以上に多く、特に交通事故の賠償はその一例ですからね!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】