ディーラーが言わなくて、他の車関連業者全員が言うことは、どんなことだと思いますか?

 

それはディーラー下取りが車オーナーにとって不利になりやすいことです。

 

インターネットの情報を見ても、どこでもいわれていることですが、どうもしっくりこないという方のために詳細にお話させていただきます。

 

なお、私も下取査定はあなたが不利になり易いと思っています。

そもそもなぜ下取査定が不利といわれるのか?

理由はページタイトルにもあったように3つあります。

 

  • 競合させられない
  • 車買い替え商談が勝手に進む
  • 評価基準が悪い

 

まあ全部が全部悪いことばかりではないのです。下取り査定にもよいところはあります。

 

どうしても値段が付かないような車にも「キャンペーン」などを加味したら若干有利になること、また車を買う手続きをしてくれるついでに車の処分の手続きをまとめてやってくれるので、手間が掛からないといったところでしょうか。

 

ただし、金銭的に見るとかなり不利な点が上の3つということです。

 

それぞれを詳しく確認していきます。

競合させる業者がいないこと

まずディーラーも車買取店もあなたの車を出来るだけ低く評価したいのが本音です。

 

ディーラーにしてみたら値引き額を大きくしたくない、車買取店としては仕入値を抑えたい、どちらも共通していえるのは「もっと儲けたい」ということ。

 

こうやって書くとなんだか悪い者のようですが、相手もビジネスでやっているので利益を大きくして儲けたいと考えるのは当然でしょう。

 

あなたが車を出来るだけ高く売りたいと考えるのと同じです。

 

このような状況でお互いの利益が対立しているわけですから、普通にやってもいい結果は得られないでしょう。

 

そこで相手の業者に競争してもらうわけです。

 

なお、車の買取査定では当たり前になってきていますが、下取り査定を競合させるということはほとんどしないというのが現状です。

 

このように、競争相手がいないわけですから、あなたの車を極端に安く買うことも可能というわけです。

 

さらに次に説明する、下取りをすることを前提に商談が進んでいることがさらに悪さをします。

車を買い替える商談が下取りをすることを前提に進んでしまうこと

ディーラーによって様々ですが、私の知っている数件の車買い替えは「下取りをすることを前提に値引きなどを考えてました!」なんていうような担当者でした。これには困ったものです。

 

私はさすがにその価値は低すぎるということで、下取り査定評価を撤回しましたけどこれをしていないとしたら30万円ほど損をしていたでしょう。

 

このように、様々な手を使ってできる限り車を安く仕入れようとしてくるということを覚えておいてください。

 

ある意味、戦争ですね。

 

特に決まっているようなことを言われると従わないといけないのか?と思ってしまうような方は注意してください。

 

そんなことはありませんから^^;

 

車買取店に車を処分しても大丈夫です。ちょっとディーラー担当者と仲が悪くなっちゃうかもしれませんけどね。

査定額の評価基準が買取査定と比べて不利になりやすいこと

下取り査定については、車の人気に応じて評価するというよりも、あらかじめ決まった額で評価されている印象があります。

 

もちろん、現在は変わっているのかもしれませんが、買取査定と異なり基準が不明瞭です。(買取査定の場合には業者オークションの相場=中古車相場からある程度推測可能)

 

そのため、結局買取査定と比べると下取査定のほうが評価が低いということが多いので、とりあえずは安いなら下取りは見送りかなというのが比較した方のほとんどの意見ですね。

下取りを前提にしても買取のための査定を行ってセカンドオピニオンを得る

私は下取りが必ずしも悪いとは申し上げませんが、必ず他の査定との比較は行って欲しいと思います。

 

特に怖いのが競合がいないことです。

 

競争相手がいないということはあなたの車を買うことについて独占状態ですから、価格決定権は相手にあることを理解してください。

 

そうなるとどんな酷いオファーも信じるしかなくなるでしょう。

 

そのため、この下取り査定額が妥当なのかどうかというところを評価できるように、買取査定も取得して第2の意見、いわゆるセカンドオピニオンを得てください。

 

これらを確認することで、下取り査定は多少安いけれども手間が減るしいいか~なんていう場合はそれを選んでもよいですし、あまりにも不当な価格なら交渉することも出来ます。

 

とはいえ、大体の方は買取店のほうが有利なのでそちらで処分してしまいますが^^;

 

以上、下取り時の判断にお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】