あなたはディーラー下取は損であると多くのサイトでみてきたと思います。

 

でも、使い方によっては利点もあるのですよ。

 

ただし、金銭的な面でいうならば得することは少ないでしょう。

 

そのため、多くのサイトでは下取は損!なんて書いているのですね。

 

「金銭的な得」と「手間を省きたい」

 

あなたはどちらですか?

下取を前提として商談を進めないように注意!

下取にしても買取にしても注意点があります。

 

車買い替えのときに、車を買うことをディーラーにまず相談しにいくでしょう。

 

ここで注意しなければいけないのが、下取を前提として商談が進んでしまうような状況です。

 

つまり、車を買う最終段階になったらもう車を下取することになっているなんていうケースは少なくありません。

 

登録から10年経つような車ならそれでもかまわないかもしれません。

 

でもある程度価値がある車ならば、商談の最初の段階で下取を前提としていないといっておきましょう。

 

下取査定だけで車を評価すると大体の場合には、損をしてしまいます。

下取のメリットは手間がないこと

車を買う場所で車を処分するわけですから、手続きがすごく楽です。

 

車を売るときには書類を取ったりしなければいけませんが、この手間を一緒に行うことが出来るわけですね。

 

さらにディーラーの担当者の心象も良くなりますから、金銭面以外では悪い点はありません。

下取のデメリットは車が高く評価されないこと

下取が問題になるのは金銭的な評価です。

 

車を売ることと、下取で値引きを受けることは同じです。

 

つまり車を売ってその代金を新車購入代金に充てるならば意味は同じということです。

 

そのため、買取査定額と下取査定額は同列で比較すべきです。

 

金銭的な評価で比較をするとどうしても下取が不利になります。

 

つまり、できるだけ安く車が欲しいと考えているならば、一見すると値引き=下取と考えてしまいがちですが、買取査定も考慮して考えるべきなのです。

なぜ不利な点が多い下取を選んでしまうのか

車を買ったり売ったりする人の関心は、金銭的なところに向くことが多いです。

 

あなたも車を売るならば高く売れて欲しいですし、車を買うならできれば安いほうが良いですよね。

 

このように金銭的な問題を第一に考える人が多いのになぜ多くの方は下取を選んでしまうのでしょうか。

 

それは冒頭に説明した、車を買う商談で勝手に下取をすることにされているケースが多いからです。

 

商談の最終段階で、下取をしてもらうことを前提に値引きをしているのだから売ってくれないと困るなんていわれるのです!

 

そして最大の問題点は下取の評価額と値引き額の線引きがあいまいなので、いったい下取査定評価はどうなっているのか全然分からないことです。

 

商談の最初の段階からいっておきましょう。

 

「車は下取をするかもしれないけれども、買取査定も行って比較する。」

 

もちろん、担当者としてはいい顔はしませんけれどもね^^;

金銭的な得をしたいなら買取査定も行う

別に最終的に下取でも良いのです。

 

私の親戚は下取査定5万円の車を最終的には6倍以上の評価にしました。

 

最初にいう金額というのは驚くほど低い額なのです。

 

そして、酷いのが値引きと車体の評価がごちゃごちゃになって(むしろ意図的にそうしているかも)、良く分からない状態になります。

 

このような面倒な状況に巻き込まれるのは多くの方にとって不本意ですよね?

 

ですので、先にいっておきましょう。

 

下取も行うかもしれないけれども、買取査定も行って妥当な金額を調べると。

 

幸いにも、買取査定は完全無料で受けることが出来ます。(業者によっては下取の査定は料金を徴収する!)

 

下取の交渉に買取査定の額を利用するというのもありです。

 

とはいっても、経済的な価値でいえば買取に出したほうが全然得ということがほとんですが^^;

 

お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】