インターネットで車を高く売る情報を調べていると下取はやめなさいという文章を良く見ませんか?

 

これは概ね間違えでは無いのですが、下取にも良いところはあります。

 

車を買い替えるので売る手続きと買う手続きをまとめてやってくれて手間が掛からないという点です。

 

ただし、金銭的な面で見たらほとんどの場合では損であるといえます。

ディーラーは新車が売れれば基本的にOK!と考えている

ディーラー担当者の関心ごとは新車を売ることです。

 

多くの家では、駐車場は1台分しか用意していないケースが多く、車を売りつけた後に邪魔になる1台を回収しなければいけません。

 

そこで下取というわけですね。

 

言い方は悪いですが、新車を販売することに比べると下取の優先順位はこんなものです。

 

残念ですが、下取を有利にしてあげようなんて毛頭にも思っていない、「新車を買うという条件として今ある車をついでに下取して値引きします」ぐらいなのです。

 

まあ少し言いすぎなところもありますし、最近では新車販売の利益以外にも中古車を転がして利益をあげようなんて思っているところもありますから、全て同じ基準ではいえません。

 

ただし、多くのディーラー担当者にとって車の下取とは「おまけ」程度にしか考えていないことを認識してください。

 

では、次に下取がなぜ損なのかという点を3つに分けてお話していきます。

下取と買取では評価の構造が異なる

下取は一定の基準で下取査定額が決まっています。

 

そのため、例えば相当よい社外パーツが付いていたとしてもそれを評価することはありません。(目の見えないところで担当者がお小遣い稼ぎに横流しするケースはある)

 

ですから、相対的な評価などされませんので、あなたの車がいかに状態が良いかといっても関係ありません。

 

たいして、買取では業者オークションの相場によって買取額が変動するので、状態が良かったり人気がある車ならば相応の評価がされます。

 

もちろん人気がある社外パーツならば評価されて査定額にプラスの影響を及ぼすでしょう。

 

両者では評価の構造が異なるので、特に良い車を持っている場合には下取よりも買取のほうが良いということになります。

ディーラーと買取店では事業目的によって意欲が異なる

冒頭でもお話しましたが、ディーラーは車を下取することに関してユーザーが思っているほど積極的ではありません。

 

新車が売れればそれで良いわけで既にそれが確定しているなら、本当に関心が無いのではないでしょうか^^;

 

買取店では車を仕入れて売ることで事業を運営しているわけですから、これをしないことには経営が出来ません。

 

ですので、基本的な活動として車を買う必要があるわけです。

 

事業目的が異なるわけですから、意欲が異なるのも当然です。

 

車を高く売りたいと考えているなら買取店のほうが有利になるというのはこのようなことも影響しています。

下取査定は競争することが無い

私が最も重要だと思っているのが、下取査定に競争が無いことです。

 

競争が無いというのはどういうことが起こるかといえば、あなたの希望する最低価格で買われるということです。

 

もちろん、希望価格が高いならそれは通りません。

 

でも、価値が有る車に対して希望価格が低い場合にはしっかりこの価格で買われてしまいます。

 

それはそうですよね?

 

あなたの車を引き取るということについて独占状態ですから、わざわざ高く買う必要が無いのです。

 

買取店でも1社に依頼すれば同じです。

 

ただし、下取の場合には車を買うことは既に確定していて、その流れで行われることが多いので簡単に独占状態が作れるというわけです。

 

ユーザーも競争させるという概念が薄いこともあって「安いけどこんなものか?」程度にしか考えないでしょう。

 

このように競争状態が無ければ、安く買われてしまうことを覚えておいてください。もちろん買取店を利用する場合でもです。

下取を選択するのも悪くないが買取査定も必ずしておく

下取自体が悪いことではありません。

 

というのも確かに書類などの手間を一気に引き受けてくれるので、車を買うなら良い選択となりえるでしょう。

 

ただし、問題はその下取査定の評価額が妥当なのか、ここが問題になります。

 

ほとんどの車オーナーは、出来れば経済的支出は少ないほうがよいと考えますよね?

 

もしそうではない!ということならば下取にそのまま出すと手間無く車を乗り換えることが出来ますのでそれで良いでしょう。

 

でもあなたがお金はちょっとの手間よりも大切!ということならぜひ買取査定もしておいてください。

 

その査定額を知ったうえで下取査定の交渉をするのも悪くないでしょう。

 

うまく交渉が出来れば手間も少なく、下取査定評価も相当あがるというわけでいいとこ取りできますからね。

 

まとめると、数時間という少しの手間よりもお金が大切であれば下取は損です。

 

特に下取査定の評価だけで車を処分するというのはやめてくださいね。

 

以上、お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】