車を買い替えるときにローンの残金が残っていたときの処理についてお話します。

 

ローンが残っていて車買い替えをするときに、例えば残クレやディーラー系のローンである方は特に見て欲しいと思うのですが、ここでの買い替えは損をしてしまう可能性があるので要注意です。

 

なぜ損をするのか、それを説明していきたいと思います。

下取からの買い替えをすると実は損をしている可能性大

ディーラー系の融資では車買い替えについて相談するのはやはりディーラーであって、同様の場所で車を売って、さらに買うという形になりますね。

 

借り換えなどの処理は一貫して行えることもあって、この面では有利なことです。

 

ただ、金銭的な面でいうとたいていはディーラーの言い値で車を処分することになりますので、かなり安い評価になりやすいのです。

なぜ下取査定だけでは損をするのか?

下取査定の評価方法などについても言及できるのですが、ここでは査定の比較対象がいないことについてお話します。

 

業者にとっては車の仕入れということになりますから、出来る限り評価は低いほうが良いというのが本音です。

 

これは商売の鉄則、安く仕入れて高く売るということを考えると当然のことですね。

 

問題はユーザーにその査定を受け入れるしか選択肢がないことで、業者の言い値によって決まってしまうことも珍しくありません。

 

一般的にどのオーナーも車について高い評価があったほうが良いに決まってますが、ローンが残っていてディーラー系であり、相談した先もディーラーでは比較なんて出来るわけないなんて思います。

 

これが損をする理由ということになります。

 

査定額は比較しなければ安いままですから必ず比較するようにしてください。

 

私ならば買取業者に対しても車査定評価をもらって、下取に出すとしても交渉をします。

 

もしくは買取業者に売ってしまってもよいのです!

他の手段で車処分をしたときのローン精算はこうなる

買取業者に車を処分したとしてもローンの残高は精算することが出来ます。

 

この場合には車買取業者が今あるローンについて一括で返済処理をして、それよりも高く売れればあなたにお金が入り、また買取金額がローンを完済できなければ残額についてローンを組むことになります。

 

ローンの契約によっては、他に売却できないなんていうものもあるかもしれませんが多くの場合には問題ないですし、売らないにしても査定評価を得るのは間違えなく問題ないでしょう。

 

さらに残額が残った際の金利についても考えないといけませんが、下取金額の評価が低いときには多くの場合に買取金額で売ったほうが得であるケースが多いです。

販売店の言いなりにはならないほうが良い

ここまで見てきたように車買い替えのときには販売店だけの下取評価に頼ってはいけません。

 

状況としてはローン残債がある状態で車を買おうとしていると、弱い立場であることも理解できますがそれと車買い替えで金銭的な損をしてしまうことは別次元で考えてください。

 

車取引は多くの人にとっと人生で2番目に高いものといわれているだけにちょっとした判断で損得の額が大きくなります。

 

そのため、確かに立場上や心理上、難しいのかもしれませんが最悪でも下取の見直しが出来るように査定額を調べておくことはオススメします。

 

なお、査定額を調べるならばネットで査定依頼すると手間が省けるので気になる方は詳細を確認してください。

 

⇒下取を見直しで便利なネット申し込み詳細【利用無料】

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】