日産が精力的に力を入れている電気自動車で、リーフの走行可能距離は2015年末で300kmを達成できるまでになりました。

 

300kmあれば生活圏近辺だけで利用することを考えるとぜんぜん問題ないですよね。

 

ですが、車を利用するシーンというのは決まった場面には限りませんので、この航続距離では少し心もとないのも事実です。

 

電気自動車については、技術力や価格ということを解決していかなければ普及は難しいといわれています。

 

こちらでは、電気自動車が普及することについての要素を見ていくとともに、いつになったら電気自動車は十分に使えるのかを見ていきます。

普及の要因は航続距離と充電ステーションの拡充

まず一般的に言われているのが、電気自動車を普及させるには一回の充電で走れる距離を伸ばすことや充電ステーションを増やす必要があるといわれています。

 

また、マンションなどの集合住宅では充電設備などのインフラの整備に関しても積極的に導入していかなければならないでしょう。

 

それにあわせて、電気自動車が売れてくれないと車の価格は高いままですので、これらを複合的に達成していかなければなりません。

 

2015年現在ではまだまだ不十分であり、自動車メーカーも国内では日産と三菱、海外ではテスラモーターぐらいで、他メーカーは現行技術の焼く直しに必死です。

 

そのため、まだまだ普及する兆しは見えてませんが、技術力の向上と求められる環境性能などの後押しを経て、ゆっくりですが確実に普及していくものと予想しています。

現在でも電気自動車が使えるレベルまでの技術はある

テスラモーターの車はとても高いのですが、高いだけの価値があるものだと判断しています。

 

その最たるは航続距離の長さでしょう。

 

驚くことにリーフが航続距離300kmでニュースになるのに対して、テスラの最高のものであれば500kmと公表しています。

 

実際のところは話が変わってくるのかもしれませんが、現行技術でも十分に対応できることはわかってもらえるでしょう。

 

この電池はほかの車にもつけることができますので、汎用性のある技術であるといえますが、ネックとなるのがその価格。

 

なんと、160万円もするのです。

 

とはいえ、生産コストさえクリアできれば達成できるというのは悪いことではありませんので、今後に期待できると考えています。

電気自動車は年々買いやすくなる理由

近年の技術力の進歩はとどまるところを知りません。

 

人類が1900年前後から現在の100年間に達成した進歩かそれ以前と比較できないほどのものとなっていますね。

 

ソフト面での進歩が目覚しい昨今ですが、ハード面においても劣っていることなく進歩を続けています。

 

このことが車のバッテリーにもいえることで、電池の容量は増えて価格は安くなり、小型化していくの言う流れです。

 

もちろん限界はありますし、もしかしたら未来の車は陸を走らずに空を磁力反発で走るものになるかもしれませんから、まったく想像できるものではありませんが、近い未来に関してはバッテリーの高性能化で間違えなさそうです。

ストレスのない走行距離を走れるようになるのはいつか?

最後にいつになったら、電気自動車が普及するのかということについてお話すると、おそらくは2017年前後には比較的安価な価格で走行可能距離も350kmの電気自動車も登場してくると考えています。

 

そのうえで充電ステーションど拡充が図られれば電気自動車は今のハイブリッド車のように売れるような車になるでしょう。

 

さらにそうすることで、車の価格は下がって普及が促進していく流れになっていくのではないかと思っています。

 

車業界には研究開発した既存の技術を使っていきたいという思惑もあるので、これらを加味すると普及は2020年前後になるのではないかと思います。

 

あなたにとって重要なのはいつ電気自動車を買うということでしょうから、2020年前後で航続距離が350kmを超えるほどになったら検討を始めたらよいのではないでしょうか。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】