ここ数年で車ヘッドライトのカスタムについて注目されているのがLEDです。

 

数年前までは、ヘッドライトの最上はHIDであって、非常に明るくて目立つけど高価、という特徴があるものでした。

 

ただ、現在ではそこにLEDが加わりちょっと複雑の状況になっています。

 

今回は近年話題のLEDヘッドライトについてみていきます。

LEDの技術革新は目覚しいが値段は高め

LEDの特徴は、光る範囲が限られているので暗くなってしまうのではないかということでしょう。

 

室内でLEDを利用している方ならば、そのイメージというのがしやすいのではないでしょうか。

 

ただ、過去においてはLEDバルブに交換したりして、暗くなってしまってがっかりというのがほとんどでしたが、現在はそういったことは少なくなっています。

 

町でもヘッドライトが明るい車を見るとHIDか!?と思いきやLEDなんていうケースも増えています。

 

ただし、ここまで技術革新したにもかかわらず価格は高めというのが現状です。

 

私としてはまだまだLEDを選択する理由はないのではないかと思います。

現状ならばHIDの選択がベストか

LEDが参入してきたことかもしくは技術力によるものかわかりませんが、近年はHIDが安価になってきた流れがあります。

 

なかなか壊れにくいけど、壊れると高いというイメージのHIDが安価になってきたのです。

 

価格的なものでいうと、

 

  • ハロゲンバルブ:1000円とか
  • HIDバルブ:高くても10000円前後
  • LEDバルブ:まだまだ高い10000円以上

 

というとこで、過去のHIDバルブの価格帯にLEDバルブがいるような状況です。

 

LEDも良い選択なのは間違えないですが、現状ではHIDバルブで十分ですし、これが良い選択であるといえるでしょう。

それでもLEDにしたい理由とは

LEDは外車で採用されているケースが多く、国産車においても高級車でカスタムされることが多い印象です。

 

ただ、どちがかというと方向指示器の流れるバージョンであったり、LEDの採用はヘッドライトでは無いのかもしれません。

 

そのため、現在ヘッドライトをLEDにする方は、ちょっと目立ちたい方か先進技術を使ってみたいという方が選んでいる状況になります。

悪いLEDヘッドライトをつけてしまうと視界が悪くなるので注意

最後にLEDは明るさは十分だと思うのですが、向きによってかなり変わってくるのでつけてみて暗くなってしまうなんていうこともあります。

 

そのことと、LEDは価格が高いこと、対してHIDの価格が安価になって安定した性能を発揮することから私は現時点ではHIDバルブをオススメする理由となっています。

 

特にヘッドライトはドレスアップももちろん重要ですが、それ以上に安全面には注意を払いたいものですから、LEDにしてみてどうも暗いと感じるならば、元に戻すことも検討してみてください。

 

とはいえ、どうせカスタムするならば、元のバルブよりもHIDにしたいところですが^^;

 

過去には高嶺の花だったHIDバルブが安くなっていますので、カスタムに興味が無い方もこの機会にHIDバルブに交換するのも悪くないかもしれませんね。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】