最近は自由気ままに旅に出たいということから車中泊が人気です。

 

このような、ユーザーのニーズもあってか、車中泊ができる車というのが注目されるようになったのです。

 

一昔前の車では比較的車内が広くても、車のシートは快適とはいえず、とても車中泊ができるものではありませんでした。

 

このような状況であれば、車中泊できる車というのは一部のワンボックスであったり、アウトドア好きのやることというものだったのです。

 

しかし、近年の車は自由なシートアレンジによってフルフラットシートになったり、それに近いものや後部を自由に使える車も増えています。

 

ただ、車中泊には気をつけないといけない点も多く、知っていることや準備しておくことでさらに車中泊の満足度が高まるなんていうこともあります。

 

こちらでは、車中泊について、オススメ車種やグッズ、そして準備などをみていきます。

車中泊は知識と準備がものをいう

キャンピングカーを除けば、車は車中泊ができるために開発・設計されているものではありません。

 

つまり、フルフラットシートも車中泊のためにというよりもユーザーニーズにのっとって付けられた機能であることを知っておくべきでしょう。

 

このことから何が言えるかといえば、車中泊をするためには少なからず準備が必要であることです。

 

そのままの状態で車中泊するならば、快適さとは程遠いものになりせっかくのドライブも台無しです。

 

ですから、車中泊をするうえで知っておくべきことや準備をどのようにすればいいかというところに注目してください。

どんな車種が車中泊に向いているのか

では車中泊にはどんな車が向いているのでしょうか。

 

究極的にはキャンピングカーが最適ですが、実際問題としてそれは難しいですよね。

 

まず、車内が広いことは当然の条件ということですが、それ以外にもシートアレンジが自由であることがあげられるでしょう。

 

最適なのはワンボックスが一番で、軽自動車であってもホンダバモスなどはかなり快適です。

 

普通車であれば、やはりトヨタハイエースは最適ですね。

 

次にミニバンですが、この場合にはフルフラットシートになるかどうかでかなり快適性が変わってきます。

 

5ナンバーのホンダステップワゴンやトヨタヴォクシーなどはフルフラットシートになりますので車中泊には適しています。

 

またホンダフリードなどのプチバンも有力候補で、シートアレンジが自由な軽自動車でもいける場合があります。

 

あと、あたりまえですが、フルフラットシートといってもまったくの平らになるわけではありませんから、それは注意してください。

 

名前からするとそうなるんじゃないかと思いきや、車種によっても起伏が激しかったり(というかほとんどそう)、フラットですらないなんてこともしばしばです。

 

シートの質次第ではリクライニングで寝ることもできますが、できれば車中泊はフラットシートを選んでほしいと思います。

車中泊で気をつけなければいけないこと

次に車中泊については気をつけないといけない点が何個もあります。

 

  • 防犯上の問題
  • トイレはどこでするか
  • 電源の確保
  • 温度調整
  • 虫害

 

他にも細かいところでいえばきりがないのですが、大きなところではこんなところです。

 

これらについてもっと詳細にみていきます。

 

車中泊のときはかなり危険が多い

車中泊のときは車に鍵がかかるとはいえ、無防備な状態にさらされることが多いです。

 

人がいないような場所に車を止めて寝るわけですから当然、それを狙っての犯罪もなくはありません。

 

現に車中泊をしている人で恐怖に感じたという人は少なくないというのが実際のところです。

 

これを根本的に解決することは難しく、それならば宿を取ったほうがいいなんていう結論になりますので、ちょっと主題から外れてしまいます。

 

ちょっとした解決策としては、同じように車中泊をしている人がいるところに車を止めるという方法がいいのかもしれませんがこれも注意が必要です。

 

人がいるからといって襲われない可能性がないわけでもないですし、むしろその人が襲ってくる可能性もあります!

 

ホームレスというのは都市だけにいるものではなく、郊外で車中生活をしている人もいます。

 

全てのホームレスが当然悪いわけでもないですが、良識が通用しないケースもありますので注意が必要でしょう。

 

とここまで、心配させてしまうようなことが書きましたが、最低限の対処を列挙しますと次の3つは行ってください。

 

  • 当たり前だが車の鍵はかけること
  • 外からは見えないようにカーテンなどをすること
  • 緊急時の離脱のために運転席には物を置いたりしないこと

 

これら3つのことは必ずやってほしいと思います。

 

トイレの心配はしておいたほうが良い

男性であれば何とかなる問題も女性では解決しにくいのがトイレの問題です。

 

これに対する解決策は、

 

  • トイレなどにアクセスしやすいところで車中泊
  • 簡易トイレグッズを用意
  • 水を必要以上に飲まない

 

車中泊をするとなると酒を飲むこともありますから、水を必要以上に飲まないことは難しいかもしれません。

 

その場合はちょっと変な対処ですが、アルコール度数の高いものを飲むようにしてさっさと酔っ払うようにするのも悪くないかもしれません^^;

 

環境問題を配慮するとエンジンを付けっぱなしにはできない

電源の確保は結構な課題だったりします。

 

というのも、昔ならばずっとエンジンも付けっぱなしにしていてもあまり気にしませんでしたが、現在では環境保全の観点からエンジンを消すのが普通となっています。

 

とはいえ、寒い地域や暑い地域ではそうはいっていられないわけですが、準備で解決できるならばそうしたいところです。

 

多くの場合には電源の確保でエンジンを付けることになりますが、携帯できる電源もあります。

 

スマホの充電などでは必要になってきますので、車中泊を日ごろから行っている方はそろえてもいいかもしれません。

 

夏は暑く冬は寒いので対策を

先ほどエンジンを常時つけたいということを考えると、厳しい環境下での車中泊は推奨できませんし、できれば避けたいものです。

 

夏場には、窓を閉じていることで熱中症などの心配も大きくなりますが、次にお話する虫害ともども対策として網戸になるものを用意すべきでしょう。

 

夜間であっても熱中症にはなる恐れがありますので注意が必要です。

 

それに対して冬場はもう少しシンプルで、毛布など防寒対策をしっかりすることが求められます。

 

ワンボックスなどで床から離れていないところに寝るのならば、厚手のマットがあると寝心地もいいでしょう。

 

とはいえ、いくら環境問題がといっても人が死んでしまっては元も子もありませんから、無理をせずに適度に車のエアコンや暖房を使っていきましょう。

 

大自然は美しいが虫の被害が困る

自然は映像で見たりすると大変美しいものですが、実際は虫害などの被害も多いですよね、

 

蚊を代表するこのような被害は虫除けスプレーなどで対処するのは当然として、夏場は窓をあけて寝ることになればこれもどうにかする必要があります。

 

そうなると網戸になるものを用意しなければいけないので、事前の準備を怠らないようにしましょう。

どんなグッズをどこで調達するか

さて、ここまでみてきてわかったと思いますが、車中泊にはグッズが必要です。

 

とはいえ、専用のものがあればいいとしても安く買えるものは安くそろえたほうがいいに決まっています。

 

そんなわけでまずは100円均一ショップに足を運び、サンシェードなどの日よけやその他役に立つものをそろえて、専用のものが必要な場合はそれを別途カーショップで買うようにしましょう。

 

全てカーショップで買うと結構な値段になってしまいますので、妥協できるものはこのようにそろえたいものです。

フルフラットシートならぜひ一度車中泊をしてみたい

最後に車中泊は車の利用可能性を広げてくれますから、できる車に乗っているならば積極的に利用していきたいものですね。

 

その基準としてやはりフルフラットシートになるかどうかという点が重要になってきますので、そんなミニバンなどを持っているならばグッズをそろえて挑戦してほしいと思います。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】