冬に車に乗っているととても嫌なのがドアを閉めるときの静電気ではありませんか?

 

冬は乾燥するので静電気を帯電しやすく、車をドアを伝って放電するような形になります。

 

今回はこの冬場に嫌な車ドアの静電気について、その原因と対策をみていきましょう。

なぜ車のドアを閉めるときに静電気が発生するのか

車のドアについて放電するのは、あなたが静電気を車の中で帯電しているからです。

 

その主な原因はシートとの摩擦です。

 

多くの車は布地のファブリックシートですが、体とこすれることによって静電気が発生しているわけです。

 

帯電をした静電気について、車のドアに対して放電することをあの嫌な「バチッ」という静電気が発生するということになります。

 

つまり、どうすればよいかはふたつあり、帯電しないようにするか放電しないようにするかのいずれかになります。

 

ちなみに、放電しないようにしてもどこかで放電しないといけませんのである意味では根本的な解決にならないことを先に申し上げておきます。

 

静電気が全面的に嫌であれば対策グッズを使うべきでしょう。

閉めるドアについて対策する

帯電している静電気を放電することで、あの嫌な電気は発生しますので放電しなければ良いということになります。

 

ですから、放電しない場所を触って車のドアを閉めればよいということになります。

 

多くの場合には、ガラス部分を触ってドアを閉めます。

 

この方法の問題点は、放電したわけではないので、後にどこかで放電してしまうということです。

 

つまり、車に対して放電しているわけではないとしたら、例えば家のドアノブに対して放電してしまうでしょう。

 

車に放電しないだけで先延ばしである点に注意してください。

 

それと私はこちらのほうが嫌なのですが、窓ガラスが指紋だらけになってしまいます。

 

嫌ですね(笑)。

放電グッズは結構有用

次に根本的な解決ですが、放電グッズを利用するのが良いです。

 

グッズといってもたいしたものではなく、あなたの体から放電しなければよいということになります。

 

電気を通すもの、多くの場合には金属である鍵などであらかじめ放電した後に車を閉めたらよいということになります。

 

注意したいのが車を傷つけないこと。

 

昔の車ならば、鍵穴に車のキーをつっこんでからドアを閉めたらセーフティーですね。

シートに静電気防止スプレーを使うとどうなる?

次は車のシートに対して対策する方法です。

 

つまり、静電気発生源に対して処置をするということでかなり根本的な対策となります。

 

これには静電気対策スプレーを使います。

 

この効果な一様にはお話できませんが、電気量を1/3に減少させることができたという報告もあり、効果を期待できるのではないかと考えています。

 

ただし、スプレーを使うときはシートに適合しているかを絶対に確認してください。

 

多く場合には合成皮の塗装がはがれてしまう不安があります。

 

スプレーの注意書きのあなたのシートがどうなのかを調べてください。

マイナスイオン発生装置は要注意

ちょった番外的まものになりますが、マイナスイオン発生器は静電気についてはあまり良い状態ではありません。

 

というのも、つまりは電気を発生させている装置なわけです。

 

これはコロナ放電のものが顕著で、湿度が高い状況で利用すると静電気対策をしても意味が無いでしょう。

 

これらは夏場の湿度が高いときに利用するようにしてください。

 

もちろん、静電気が発生してもOK!というなら話は別ですが・・・

保湿することでも静かに放電できる

湿度が低い状態では静電気が発生しやすいわけですから、保湿すればよいということになります。

 

とはいえ、わざわざ霧吹きをもっていくようなことは現実的ではなく、乾燥対策として保湿道具、粗末なものでは濡らした雑巾などをおいておくような場合でも多少は改善される余地はあるでしょう。

シートを皮に替えるとちょっとマシになるかも

化学繊維で出来ている布地の車シートはどうしても静電気が発生しやすいので、皮シートに替えることで多少軽減が期待できます。

 

前々からシートを替えたいと考えていたなら一考の価値はある・・・というのは冗談で、皮になったら静電気被害が小さくなる程度で考えておきましょう。

 

静電気のためにシートを替えるのはちょった現実的ではなく、もしそうなら静電気防止スプレーを利用してください。

本当に嫌ならば対策グッズを使うのが効果的

いろいろな方法を見てきましたが、根本的の解決を図るなら対策グッズを使うのが望ましいでしょう。

 

もしくは、具体的にどのようなことが原因なのかわかってもらえたと思いますので、それについて対策してもらえたらよいでしょう。

 

私がオススメなのが、シートにかける静電気防止スプレーと自分の体で放電しないということです。

 

特に後者は車以外にも使えますので、しっかりと対策して冬の静電気被害を乗り越えましょう!

 

とはいっても、来るときは突然来るのが静電気なんだよなぁ・・・

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】