車を売るというのは名義変更を行ってようやく所有権が移転することを知っていますか?

 

つまりは、ただ引き渡すだけでは売ったということを完了できず、名義変更を確認してようやく売却完了となるわけです。

 

売主からすれば引き渡して代金をもらえればそれでよいのかもしれませんが、名義変更まで確認しないと後々トラブルになることがあります。

 

具体的には、車を売った翌年度などに自動車税支払い用紙があなたのもとに届いたり、また警察からあなた名義の車で事件があったので事情聴取など・・・

 

どれも出来ればかかわりたくないトラブルですが、名義変更をしていないことでこれらは発生しますので、売った後は必ずこれらについて確認するようにしたいものです。

 

こちらでは、車を売ったときの名義変更トラブルとその対処法をみていきます。

車を引き渡しただけでは所有権が移っていない

普通の物品なら支配していることで所有権を保有していると考えることが出来ますが、車などや不動産などは法的に所有権を決められてます。

 

特に国の課税関係ではこのことで取引間トラブルになることが多いです。

 

そのため、ただ車を引き渡すだけではなく、所有権移転手続きを、つまりは名義変更を確認してようやく車を売ったとすることが出来るというわけです。

名義変更を行わないと困ることは2つ

名義変更をしていない状態で何か問題があるとしたら次の2つです。

 

  1. 売主に対して自動車税が課税される
  2. 事故などの有事には何かしら面倒に巻き込まれる可能性がある

 

自動車税は毎年4月1日の所有者もしくは使用者に対して課税される税金ですが、名義変更をしていないとしたら売主に対して税金の請求が行きます。

 

これは良くあることで私も経験があります。全く困ったものです。

 

ですから、売主は買主に対して名義変更をすることの証明をさせなければいけません。

 

ところで、自動車税は納税した証明書が無いと車検が受けられませんし、車を売ることもできないので最終的には払ってもらうことがほとんどなのですが、面倒は避けたいところですね。

 

次に、車は犯罪に利用されるケースも多いので事故などがあったときには車所有者もしくは使用者に対して何かしらの請求が行われる場合があります。

 

多くの場合には売却したことについて証明をすることで免れることが出来るかもしれませんが、面倒は負いたくないものですよね。

 

ですから、必ず名義変更までが車売却だとして、その証明を確認してください。

大手車買取業者の場合

当たり前ですが、中小業者では名義変更を忘れるということはほとんどないにしても、ごく稀にそのような話を聞くので注意してください。

 

ただし、大手車買取業者ではほとんど心配はないようです。

 

車買取業者最大手のガリバーでは、車を売った後の名義変更証明ははがきで車オーナーに送付されるそうなので、こういった点はとても安心ですね。

 

逆にわざわざ報告しなければいけないほど重要なことなので、中小の業者も見習って欲しいものです。

必ず名義変更することを約束させる

特に個人売買では必ず名義変更を確認できるようにしてください。

 

私がオススメするのは、名義変更した後の車検証コピーを送付してもらうことです。

 

もちろん、偽造することだって出来ないことはないですが、わざわざそのようなことをやる必要は乏しいでしょうから、多くの場合これで担保できます。

 

重要なのは、それほど大変ではないこの名義変更手続きを確実に行わせることであって、その動機を売買契約に盛り込むことが大切なのです。

 

中小の車買取業者であってもどのように名義変更を証明するのか、期限はいつまでに行うのかどうかについて質問を行ってください。

 

テレビCMをしているような大手では、業務構造上名義変更をするようになっているので、ほとんどの場合心配ないでしょう。

 

以上が車を売ったときの名義変更となります。

 

お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】